スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の色指定 

前日に引き続き、昔描いたマンガの話。

さて、このマンガは2色印刷でした。
その色指定の方法は…

まず、2色選びます。
iromihon.jpg

選んだ2色を、原稿のどの部分にどれだけの濃さで印刷するかを指定します。
(見本色を100%として、薄くなるごとに0%に近づく)

↓原稿の上にトレーシングペーパーを重ねて、輪郭を写しながら指定内容を書き込んでいくという方法をとっていました。
元原稿なしで見ると何が何だかわかりませんね.
iroshitei1.jpg

1色につきトレーシングペーパー1枚に書き込みます。

↓2色分のトレーシングペーパーを重ねると、色が重なる部分がわかります。
iroshitei2.jpg
※元原稿にトレーシングペーパーを重ねた状態でコピーしたもの(部分)

その後は、色指定通りに印刷版下をつくり、印刷して完成です。

完成した状態
oraimugi2.jpg

この色指定を2年(24話分)やらせていただきましたが、限界でした。
今はいい時代だなあ。

スポンサーサイト

昔描いたネコマンガ 

そういえば昔、ネコが主人公のマンガを描いていたなあ…
と思い出し、当時描いたものを読み返していました。

ネコマンガとは言わないかな。
oraimugi.jpg

画力、まったくアップしておらず。(むしろ後退)
絵柄も変わっておらず。

どうしてネコを主人公にしたんだろう?
なんでこの子、むぎちゃんって言うんだろう。
(自分で描いていて忘れている)

あっ!トラ猫で小麦色なわけね。
…その肝心な小麦色具合がわからないけど。

このマンガ、学習教材の付録のひとつでした。
当時小学1〜2生だった読者は、もう社会人になっている頃です。

ちいさなごまちゃん『1』〜『5』 

titlelogo02.jpg

∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵
ある日突然、猫(ニャア)がやってきてから
1年と5ヶ月ほど経ったころ。

今度はちいさなネコに出会いました。
∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵


『1.もしかして』
tiisanagoma1.gif

ニャアちゃんのちょっと遠目の散歩コースでのことです。
ニャアがいなければ行かなかった場所ですから、「ニャアが見つけた」と言えるかもしれません。

『2.びっくり箱』
tiisanagoma2.gif

2004年の6月3日のことでした。

『3.おフロ』
tiisanagoma3.gif

元気だったのでシャンプーしてしまいましたが、病院が先ですね。

『4.病院へ』
tiisanagoma4.gif

先生の手際の良さにはびっくりしました。

「お宅で飼われますか?」と聞かれ、またまたびっくりしました。
一瞬のことですが、「どういうこと?もうすでに飼ってるのに?」と思ってしまい、飼うとか飼わないとかすっ飛ばして、ひと晩ですでに「ウチの子」になっていたことに気づいたからです。
ひと晩で?いや違います、びっくり箱から出てきた瞬間からでしょう。

kgoma3.jpg

『5.昔のケータイサイズ』
tiisanagoma5.gif

ごまを捨てた人は、このことを知ったとしても胸をなでおろしたりしないで、命があるものを捨てた後悔を胸に置いて生きていってほしいと思います。

kgoma1.jpg

kgoma2.jpg

hidari.gifshiro.gifmodoru.gifshiro.gifmigi.gif

うつくしいかたち 

最近は、24時間中22時間ぐらい寝ているニャアちゃん。
珍しく起きてピシッと座っているところ。

このラインがたまりません。
081126nya.jpg

脚が全部隠れるフッサリ具合がゴージャス。
20081126nya2.jpg

あ〜モフモフ。

ネコあんか 

ますます寒くなってくる、これからの季節。
頭寒足熱、燃料費節約の暖房として、
こんなのどうでしょうか。

081126nekoanka.jpg

熱源がネコ。
081126soto.jpg

横から見た図
081126yoko.jpg

中身
081126naka.jpg

問題は、ネコが入ってくれるか。
入ってくれたとして、
◎動くと噛まれる可能性(ごま)
◎足がしびれる可能性(ちい)

う〜ん…

買い物対決 

何だコレ具合が五十歩百歩な買い物をしました。

上:ダンナがホームセンターで購入
下:私がホームセンターで購入
081125hen1.jpg

↓ネコ用まくららしいです。
nekomakura3.jpg
二つ折りにしてまたたびが入れられるスナップ付。
値段600円弱はちと高い気がします。
寝ているネコの頭部にそっと差し込んでみました。
※まくらの顔にラクガキがしてあります。

↓こちらは、マジックハンドです。
定価500円が30%オフになっていて350円なり。
hensaki.jpg
掃除機のホースに詰まったゴミを取るのにいいかなと思いましたが、
思ったより握力(?)がなくて役に立ちませんでした。
使い途、他にないでしょうか。

マジックハンドが全く役に立っていない結果となり、
「かわいい」分だけダンナの買ったネコ用まくらの勝ち。

ヤッチマッタネ! 

昨日(と言ってもさっきだけど)に引き続き更新です。
↓新鮮なネタを提供できることになってしまいました。

081124neta.jpg
黒い粒は乾燥ブルーベリー、
茶色い粒はカリカリです。

…ご想像に任せます。(ジャリッ)

そんな事とはつゆ知らず、隣でスヤスヤ眠るニャアちゃん。
081124nya.jpg
あんたが残すから。

ゼンゼンチガウヨ 

今までずっと、
「妻夫木」と書く俳優の名前を、
「つまぶきふさい」と読んでいたことを告白します。
馬鹿すぎ&意味不明すぎて、誰にも言えませんでした。

自分の脳に問う。
ナゼデスカ!?
(↑私の中の別人格のひとり、親日家のアメリカ人マイク)

こういう間違いは恥じなければならないというのに、
「妻夫木夫妻」と書くと漢字回文になることを発見して、
ちょっと喜んだりして。

マジで最近、ヘタこきすぎだよね?

サイフやケータイ、しょっちゅう忘れるし。
コケて壁にお茶飲ませるし。
ネコ逃がすし。

Fmm…

同年代の友人たちは、しっかりしてるんだろうなあ。

それで思い出したのが、
啄木の有名な歌。

友が皆 我より偉く 見ゆる日よ
われ泣きぬれて カニとたわむる


ちょっと違う気がする。

…ウン、多分違うネ!(←マイク)

※念のために調べたら、ホントに全然違いました。

信じない 

父ちゃん(ダンナ)はニャアを、
大人しくて可憐でかわいらしいネコちゃん(笑)
だと思っています。

ですから、目の前でニャアがちいに噛みついていたとしても、
「ちいがちょっかい出すから」
と、ニャアを庇います。

普段のニャアの鳴き声は高めだけれど、
シッポを踏んだとき出す声は「野太い」とか、

ごまが座っているところへ後から来て
インネンつけて追い出すニャクザな様とか、

弱くてあまり走れないはずなのに、
目を離したすきに家の外に出たときは
ボールが弾むように疾走していたとか、

話しても信じようとしません。

「ニャアちゃんはそんなことしない」
と言い張ります。


私は一番下っ端のちいが、

デブだ不細工だ霜降りだアザラシだ
アホだ面白い顔だKYだ(一部重複表現)と言われたり、

先住ネコたちにシャーフーされているのがふびんで、

ついついひいき目に接してしまうので、
人のことばかりは言えませんが。


先日、父ちゃんが
「ちいが庭でヘビと格闘しているから何とかしてくれ」
と言ってきました。(父ちゃんはヘビが苦手)

どれどれ…と見に行きましたが、
ニャーン!と甘えてくるちいがいただけで、ヘビの気配はなし。
しばらく見張るも、とうとうヘビは現れず。

まあ、ヘビと言ったって山に住んでいるわけじゃないので、
トカゲ程度のサイズのがニョロっとやってきたんでしょう。

「ヘビなんていなかった」
と伝えると、

「そんなわけない。
 こんな大きいのが(手の幅からして1メートル級?)いた!」

と興奮する父ちゃん。

「そんなサイズのヘビが、この庭に?
 ヘビが苦手だから余計大きく見えたんだよ」

と返すも、

「だから、こんなデカイヘビをちいがくわえて、
 ビタンビタンと壁に叩きつけていたんだって!」

とさらにエキサイト。

「ぷっ。このおまぬけ顔のオデブちいたんが、
 そんな野性味あふれることを?
 デカイヘビをくわえてビタンビタン?ありえねー」


「信じてねーな!」

「ぷっぷくぷ〜」

お返しでした。

ハラヘリちいたん VS かたつむり 

ハラヘリちいたんがおりました。

そしてその側に、カラが半壊したかたつむりがおりました。

と言うことは、

ハラヘリちいたん VS かたつむり = X VS 半壊のかたつむり
X = かたつむりの一部を含有したちいたん。


…やばい、エスカルゴの生食は危険!

と思って、ちいを観察していると、
片目が少しヘンな事に気づきました。

まっ…まさか!
かたつむりの触覚が床屋のグルグル看板みたいになる寄生虫
(ロイコクロリディウムというそうです)が、
かたつむりからちいの目に…

ちいの目が床屋のグルグル看板になったらどうしよう!
と心配したのも束の間、すぐに治りました。

よかった、よかった。

ハラヘリだからって何でも食べるんじゃないっ!

赤い鳥小鳥 

 ♪ 赤い鳥 小鳥
   なぜなぜ赤い
   赤い実を食べた

ご存じ、北原白秋作詞の『赤い鳥小鳥』。

この歌を口ずさんでいたら、
「違う」と言われてショッーク!

何がどう違うのかと聞いたら、
私の歌っていたメロディは『赤い鳥小鳥』ではなく、
『しゃぼん玉』だと。

… (検証中) …

た…確かにっ!

と、歌い直すも再び『しゃぼん玉』に。


なぜだ。

なぜなんだ。

しばらく考えた結果、
私は『赤い鳥小鳥』のメロディを知らなかったことが判明。

私だけじゃないはず。
『赤い鳥小鳥』を『しゃぼん玉』のメロディで歌ってしまう症候群は!
(求む、巻き添えになってくれる人)


 ♪ あーかいカニ 毛ガニ
   なぜなぜかゆい
   ふーるいのを食べた

まだじんましんのアトがかゆいこの頃です。

♪じん、じん、じんましん 

ひざこぞうの裏側辺りがミミズ腫れのようになり、
カユイカユイで日が暮れた3日間。
人生で4度目ぐらいのじんましん体験でした。

じんましんの原因になりそうなモノは食べていない。
とすれば、心因性…

最近ちょっと疲れ気味だったかな?
ストレスって自覚しにくいところがあるから厄介だよね。

ふっ、意外にナイーブでやんの、アタイってば(笑)

なんてことをね〜
ほざいていたんですよ。

2杯で780円のゆで毛ガニ(かなりヤバ目)を
食べていたことをすっかり忘れて。

出汁を取った後の出がらし以下という酷いシロモノでした。
じんましん程度で良かったな。>自分

問題は、じんましんではなく記憶力か…


えっと、今日のアタイは日経平均…
(株のことはじぇんじぇんわかりましぇん)


話は変わりますが、
さっき過去記事を読み返していたら、
『謎のアクセス』の最後に
※「○○の穴が○○」という表現は意味が違うようなので変更しました。
とあるのを発見。

ひえーーーっ!
「○○の○○が小さい」としたつもりだったのに!

↑何だか色々世界丸見えな感じ。

猫(くろかわ)の手帖 

うっかりしていたら半月経ってしまいました。
ほったらかしですみません。
超久し振りにパロディネコマンガです。

前回の『けものみち』に続いて、
松本清張原作『黒革の手帖』(テレビドラマ2004年版)です。

kurokawanya.jpg

jinbutu.jpg

ちなみにドラマでは元子を米倉涼子、
橋田を柳葉敏郎、波子を釈由美子が演じました。

kurotitle1.gif

tetyo1.jpg

↑3コマ目のごま、ちょっとギバちゃん(橋田役)に似ています。

kurotitle2.gif

tetyo2.jpg


kurotitle3.gif

tetyo3.jpg

↑元子が波子に水をぶっかけて、
「顔を洗って出直せってことよ」と言うシーン。
ネコが顔を洗ったら翌日は雨ですね。

波子役に、ちいは太すぎました。

kurotitle4.gif

tetyo4.jpg

↑ニャアとちいがケンカをしたときは、
いつも弱いニャアをかばってきましたが、
よく見ていると、ニャアはそれほど負けていなかったことが判明。
父ちゃんはこの事実をあまりわかっていません。

kurotitle5.gif

tetyo5.jpg

↑父ちゃんはまだダマされています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。