スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来年もよろしく 

2009年まであとわずかとなりました。

1年て…短いねえ。
あーあ、やんなっちゃう。(ウクレレ弾きながら)

このブログも、開設してもうすぐ1年になります。


開設当時、思ったのは、

誰も来なくても書き続けよう。
でも、読んでくれる人がいたら嬉しいな。

さらに、読んでくれた人が気に入ってくれて、
ちょくちょく来てくれるようになったらもっと嬉しい。

ということでした。


今、1日に10人前後の人が来てくれていて、
60%ぐらいがリピータさんのようです。

↓こんな日もありました。
0812kaiseki.jpg

ああ、もう満足。
すごくOK。(日本語的にはNG)

本当にありがとうございます。
もうすぐ新年ですが、
引き続きよろしくお願いします。

来年の目標は「現状維持」。
向上心なくてすみません。

2日に1回程度の更新で、
テキストまたはマンガをお届けします。


※ちょくちょく来てるよという方、
たまには何か書き込んでいきませんか?
管理人が心をこめて適当に返事します。

スポンサーサイト

おっぱいおっぱい 

さなぽん2歳と3ヶ月。
とっくに離乳していますが、おっぱい大好き。

『ゲンコツ山のたぬきさん』の、
「おっぱい飲んで~ねんねして~♪」の部分を
何度も繰り返して歌います。

“おっぱい”と言いたいだけのようです。
歌い飽きると次第に、
ただの“おっぱい”連呼に変わってきます。

スーパーなどでグラマーなお姉さんを見ながら歌うのは、
偶然だとは思いますがやめてほしいです。

抱っこされているときにペタペタモミモミ、
お風呂でも
「おっぱいさわっちゃったー!」
と嬉しそうなさなぽん。
「さわっていいよ」と言うと、
今度は恥ずかしがってさわりません。

さなぽんは女児なのに…いえいえ、
子供はみんなおっぱいが好き、
そうに違いありません。

「おっぱ~い」と言いながら、
服の上から人差し指で正確に先っぽを当てられるのも、
ただの偶然もしくは、
おっぱいを飲んだ記憶がまだ最近だからに違いありません。
(誰も教えていないのに…)

そんなさなぽん。

入眠儀式として、
歌ったりしゃべったりするのですが、
先日は

「ママのおっぱい
 パパのおっぱい
 タマタマ(仮)のおっぱい
 ニャオニャオ(ダンナ)のおっぱい
 ちいちゃんのおっぱい
 ごまちゃんのおっぱい
 ニャアちゃんのおっぱい…」

とつぶやきながら眠ったそうです。

おっぱいがいっぱいだね~☆
ホントに好きなんだね~


前に「子供はみんなおっぱいが好き」と書きましたが、
正直に言います。

遺伝です。

(私もハマーンも女好き・おっぱい好きです)

東京のはにわにあるカレー屋に行きたいという話 

この間、東京のどこへ行きたいかという話をしていて、

「港区のはにわ!」

と答え、
すぐに気づいてセルフツッコミ&
爆笑(世話ねーな)していた私です。

『埴輪』ではなく『高輪』が正解。

埴輪と高輪、字のイメージが似ているでしょう?



「輪」しか合ってないか。

しかも「たかわ」ではなく「たかなわ」だったことが判り、
Wショック。
(なんで「な」が入るんだよ)

漢字を目で覚えるタイプは読み仮名にうとい!

さらに私の場合、
読めなかった漢字の読みは勝手につくってしまうので
始末が悪いです。

花登筺(はなとこばこ)を「はなとうろく」
阿刀田高(あとうだたかし)を「あだちだこう」
蛭子能収 (えびすよしかず) を「えびすひるやっこ」
と読んでいた過去など消却。

スクリーンショットの「あるある」 

スクリーンショットを撮ったことがある人は、

スクリーンショットで撮った画面を確認した後に、
 ↓
画面を閉じようとしてタイトルバーの端っこを何度もクリック、
 ↓
よく見たらスクリーンショットで撮影したタイトルバーだった、

という経験があるはず!


実は私も。
(というか、毎度そんな感じ)

あんパン 

あんパンが食べたくなってパン屋へ行くと、
その店の目玉らしい高級あんパンがあったので
買ってみました。

…もぐもぐもぐ。

おおっ!
薄い上品なパン生地にぎっしり詰まった粒よりのあんこ。

すごい!
これは高級だーーーーーーっ!

…でも

違うんだーーーーーーっ!

食べたかったあんパンは、
もっとパサついたパンで!
キメとか粗くて!

パンの部分が多いからあんこが有り難くて!

申しわけ程度にゴマがふってあって!
(ケシの実でも可)

そのパサつき具合や
口中で混じったパンとあんこの甘みバランスが
牛乳なしでは考えられない!!

そんなあんパンが食べたかったんだーーーーーーっ!

うっうっうっ。(←色んな意味で)

黄金の指 

たまに行くマッサージ店で、
たまたま会ったマッサージ師。

背中をほぐしてもらっているとき、
「チョー凝ってて笑える」と言ったその人は、
柳原可奈子に似ている(主に体型)、
私の中の伝説の人。

私が魚だったとしたら、
ウロコを一枚一枚丁寧にほぐしていくような、
そんなイメージのマッサージ。

それはそれは気持ちよかったです。
彼女を超える人は未だに現れません。

的確なツボ押し、
絶妙な力加減、
気遣い…

これだけなら、他にも上手い人は居ます。

彼女が他のマッサージ師と違うのは、
“黄金の指”を持っているということ。

“黄金の指”それは…

丸っこくてぷっくりした肉付きの良い指!

この指でツボを押してもらうと、
肉がクッションとなって、
刺激がじんわりと広がるんです。

スリムな指だとこうはいきません。
鉛筆で押されているような感触になってしまいます。

それだけではありません。

“黄金の指”を持つ人は多分にてのひらが温かいので、
背中をさすってもらったり、
腕をギュッギュッと握ってもらうと、
ぽかぽかしてとても気持ちがいいのです。


昔、ピアノを習っていたとき、
先生が
「太った人がピアノを弾くといい音が出る」
と言ったことを思い出しました。

「肉付きの良い指が鍵盤を叩くと、
コロコロっとしたいい音になるのよね」

どんな音?と思いましたが、
何となくわかる気がします。
脂肪の厚みで音が丸くなるんですね。

マッサージに良し、ピアノ弾きに良し。
やるな“黄金の指”。


さておき。

柳原さん(仮名)と再び巡り会えない今、
同様の体型のマッサージ師を探すしかありません。

先日、いつものマッサージ店に行ったら
「ご希望の方がいらっしゃれば」
と言われました。

そのときのとまどい(頭の中)。
 ↓

「太った方をお願いします」
(ストレートすぎるか)

「ぽっちゃり系で」
(何だかマニアックなニュアンス…)

「肉付きの良い手をお持ちの方で」
(ちょっと気持ち悪いか)

「デブよろしく」
(収拾のつかないことに)

とても言いにくいので、
アンケート用紙などつくっていただき、
希望の体重や体脂肪率を記入できるようにするか、
もしくは全員太っていただきたい。
(アタックチャァァァンス)


後で考えたら、名前を言えば良かったみたい。

♂同士 

最近、ちいがひざに乗って来なくなりました。

人間の子供が「母ちゃんに甘えるのはそろそろ恥ずかしい」
と感じ始めるみたいな変化。

その代わりと言うのか、父ちゃんに甘えているようで。

↓「なぁ~~~ん」と粘っこく鳴いて甘えるちいたん。
081210tii1.jpg

荒っぽい撫でくり、響く沸騰音。
081210tii2.jpg

錯乱某 

さなぽんたちと「エアポートウォーク名古屋」に行ってきました。
耳慣れない名称に最初は脳が拒絶し、
「スカイウォーカーズ名古屋」なんてデタラメ言っていましたが…

着いてみると確かにその名の通り。
旧名古屋空港の閉鎖されたターミナルビルが
ショッピングセンターになっており、
意図的に残された空港チックな部分がなかなか面白かったです。

中は普通のショッピングセンター。
クリスマスシーズンということもあって、
きらびやかな装飾に気分も高揚。

つい、例のくせ(過去記事参照)が。

テンション高くさなぽんに話しかける私。

私「きれいねー、大きなツリーだねー」
私「ほらっ、赤いタマだよっ!」

私「赤いタマタマ!」
さなぽん「あかいタマタマ!」

私「あっ、その上には緑のタマタマッ!」
さなぽん「みろりタマタマ!」

私「ああっ、そのまた上には金の…」

あぶないあぶない。


気を引き締めて、婦人服売り場へ。

すると…

至る所に白のタマタマが。
なんだって世の中こんなにタマタマだらけなんだ!と呆然。
(今年はタマタマ服ボンボン付きの服が大流行のようです)

↓気づかないうちに洗脳されていたのでしょう。
こんなストラップを買ってしまいました。
sakuranbo.jpg

今日の記事はちょっとおげふぃんとか思った方、そういう意味じゃないですから!

ごま入り 

普段は触らせてもくれないごまがひざに乗ってきたら、
本格的な冬の到来です。

梅雨入りならぬ「ごま入り」は、
立冬以降初めてごまがひざに乗ってきた日。

毎年、冬至よりちょっと早い時期です。
今年は例年より遅めの12月5日頃でした。

2008年「ごま入り」記念写真
081208goma.jpg

クリエイターたちの祭典 

昨日12月6日(土)は、
東海で最大のアート系マーケットイベント、
クリエーターズマーケットに行ってきました。

会場はポートメッセなごや。

開場と同時に足を踏み入れた館内は、
約3000人の「つくるひと」(出展者)たちの熱気でムンムン。

あーこれこれ!
これですがな!

それぞれの「好きでたまらない」気持ちや、
自己主張やこだわりが、
ドーンと熱くぶつかってきます。

びっくりしたり、感動したり、
感心したり、考えさせられたり、
たまに恥ずかしかったり…

カオスなエネルギーをたっぷり吸い込んで帰ってきました。

↓およそ4時間かけて見て回ってのお買い物。
kaimono.jpg

間違えた 

>ネコになりたい・・・

よし!願いを叶えましょう
…と思ってつくってみたのが下の画像。
mohumohu.jpg

間違えちった。

こうか…
tiitomasi.jpg


うーん。ある意味癒し系?

小春日和 

081202nya1.jpg
081202nya.jpg

タイトル画像collection-1 

<2008年制作タイトル画像>

※新しい順に並んでいます。

2008.12.1~2009.2.3
081201title.jpg
ウェブ上で見る色の補正に苦労した一枚。
ごまの尻尾は常に芸術的。

2008.10.4〜11.30
081004nekotitle.jpg
アンニュイなちいたんです。
ハラヘリだからです。

2008.9.16〜10.4
0809titleahiru.jpg
北海道旭山動物園で撮った写真。
9月なのに暑かったです。

080830gomatitle2.jpg
ごまの特別指定席。
イメージが可愛すぎて、らしくないのですぐにとっかえ。

mojititle1.gif
長く使っていたタイトル画像。
色々アラガ見えますが一番気に入っています。

title3neko.jpg
マンガアップついでに描いてみました。
ニャアを描くのが一番難しい。

タイトル画像ニャア
爪の手入れをするニャアちゃん。
ネコのこの角度は最高にカワイイと思います。

タイトル画像黄色い花
コツラ(花ホタル)です。
バックにグレーの紙を置いて(手で持って)撮影。
葬式っぽい気がしてすぐに変更。

タイトル画像1
テンプレートに採用されていた花の画像を見飽きてしまったので、自分で撮った花の写真を入れてみました。
ブルー・スターという名前ですが、ガガイモ科です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。