スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3猫の近況イラスト 

3猫の近況を擬人化イラストにしてみました。
※クリックで拡大します。

元気なニャア。
夜中に走り回ったり、
机の上に乗って「遊んで!」と要求したり。
091028nya.jpg
ちいを散々あおっておいて、
ちょっと追いかけられると
大げさに騒ぐごま。
ごまに鼻っ面を引っかかれること数度目のちい。
091028goma.jpg

スポンサーサイト

3年ひと昔 

↓ごま(左)とちい(右)の写真です。
091022tiitogoma0.jpg
↓これも、ごま(左)とちい(右)。
091023tiitogoma1.jpg
「あれれぇ、この写真、比率が変だよ?」(コナン君の声で)

↓念のため、もう一枚。
091022tiitogoma2.jpg
「ああ…一枚目は3年前のものなんだ(警部)」

「なぜこんなに太…推理できない!」(コナンマジ声)


現在、ごま3キロ、ちい7キロ。

検索でびっくり 

ふと思い立って、
昔々、マンガを描いていた頃のペンネームを
検索してみたところ…

で…で…出た~!

昔々につくったマンガの同人誌が!!
古本屋にて300円で売られているらしい。

ぐわ~~~!!!
(床にのたうち回り300メートル全力疾走のち
コサックダンスを踊るの気分)

買ってそっと燃やしてしまおうか。

売れるまで見守ろうか。

ウチにある古い同人誌を売りに行こうか。

>マンガを描いていた頃の
あっ、今もか。


10秒ぐらいで冷静に。


ホント、検索すると驚くことがあるよね。

私の場合、

担任が校長になっていたり、
知り合いが医者や作家やコンサルタントになっていたり、

昔々にちょっといいなと思っていた男子が、
会社のサイト上でヴェタなオヤジギャグを連発しているのを
見つけてしまったり(逆の可能性は無視)、

自分自身が、
どこかの党の活動家だったり、
作詞をする人だったり、
はたまた男だったりするからね。

身に覚えがないのに、
いつの間にか巨大児を産んでいたことも。

人間ですらなく、花だったことも。



↓産んだ覚えはないけど育てている巨大児。
091018tii.jpg
そんなこんなで、
美しい想い出・イメージをそのままにしておきたい場合、
手当たり次第の検索はしない方がいいのかもしれません。

何気ない言葉に関することでもね。
たとえば「蘭の語源」とかね。
「アボカドの語源」とかもね。

ドラクエ風「ネコにお灸」 

091012dk1.gif
まねきねこプロジェクト「ドラクエ風ジェネレーター」で作成。

ネコにお灸 

先日、ごまを病院へ連れて行った際、
治療の一環としてお灸をしてもらいました。

お灸をしている数分の間、
ごまは思ったよりおとなしかったです。
これなら家でもできるかなあと思ったのと、
ネコが嫌がったら自分で使えばいいと考え、
お灸道具を病院で分けてもらいました。

結局、元気に飛び回っているごまは放っておいて、
自分の肩や首にお灸を置いて温もりを堪能していたところ、
興味津々でこちらを見つめているネコが…

「お前、太いから大変だろ」
と、なぜかデブを理由にお灸をされるちい。

気持ちよさげ。
091011tii.jpg
「首はどう?」
「グルグル…」

「背中もな」
「グルグル…」

「シッポの付け根も」
「グルグルグル…」

「頭も良くなるようにな~」
「グルグルグルグル…」

「どこでもいいんかい」

ごまとケンカすると、いつもちいが怒られるし、
なのにごまはケンカふっかけてきたりするし、
母ちゃんはカリカリたくさんくれないし、
何かとニャアちゃん優先だし…等々、
ちいにだって結構ストレスがあったのかも。


もぐさを燃やすことでアロマテロピー的効果があるのかな。
気分をほぐして眠気を誘う気がします。
部屋中モウモウになるけれど。

ガラスの仮面と星新一ショートショート 

091010hon.jpg
最近読み終えた『ガラスの仮面』ワイド版と、
わけあって引っ張り出してきた星新一の
ショート!ショートショート!(←ザ・たっち)
があったので、並べてみました。

どちらも分厚いぜ!
『ガラスの仮面』3冊で『ショートショート』2冊分ッ!

…という、どうでもいいネタを書こうとしたところ、
両者の共通点を見つけてしまいました。
それは、どちらの作者も、
一旦世に出た作品をかなり後になってから
書(描)き直しているということ。

星新一は、時代と共に変化した部分の改訂
(「ダイヤルを回す」を「電話をする」に変えるなど)を。
別に不都合はないのになんで???って感じです。

美内すずえは、改訂どころか大幅に描き直しをしたもよう。
現在は「ガラスの仮面inパラレルワールド」と化し、
作者がどう収拾をつけるのか注目されています。
実験的アートみたいで、 これはこれでアリかな。


ついでに、ワイド版での『ガラスの仮面』感想。

「平凡な少女の立身出世物語」から次第に、
「小娘が大人の男を翻弄する話」に変わってきたような。
真澄の「この俺様があんな子供に」的なつぶやきが、
「こんなオヤジがあんなピチピチギャル(あえて死語)に」
と変化する日が楽しみです。

マヤ宛に贈られたメイク・ボックスに
「kitagima」とネームが入っていたり、
真澄の持つタバコが爪楊枝に見えたり、
登場人物がやたら白目になったりと、小ネタも満載。


さらについでに、即席コラボなど。

<北島マヤ、ボッコちゃん役に挑戦!>

月影先生
「マヤ、そんな固い動きでボッコちゃんができますか!
 ボッコちゃんはただのロボットではありません!
 客は“誰ひとりとして、ボッコちゃんが
 ロボットとは気づかなかった”のですよ!」

マヤ
「(ガーン!!!)どう演技すれば!
 ブツブツ…人のようで人でない…
 ロボットのようでロボットではない‥」

月影先生
「フフフ…」

マヤ
「…それは何かとたずねたら!」

月影先生
「あ~ボッコちゃんボッコちゃ…何をやらせるんです!」

亜弓「マヤ…おもしろい子!」

真澄「おちびちゃん…(白目)」


なーんちゃって。(あえて死語)


>…という、どうでもいいネタを書こうとしたところ、
結局、どうでもいいネタには変わりませんでしたが。

台風とネコたち 

台風、すごかった!
こちら愛知南部は昨日8日の夜中から明け方にかけて、
暴風雨の荒れ狂う音が雨戸越しにも強烈に響き、
加えて地震か!というほどの揺れが続きました。

ネコたちが落ち着かず、
あっちでウロウロ、こっちでウロウロ。
強い風が雨戸にあたって「ドシャーン!」と音がするたび、
ニャアちゃんは丸い目をさらに見開き、
ごまはシッポを逆立てて垂直飛び。
「外見てくるからベランダ開けろ」と鳴くのはアホのちい。

そのうちに、ごまが何度もトイレに…
ネコトイレを確認すると、オシッコが出ていません。
ぎゃー!堪忍してくれ。
ビビってる時は「ちびる」でしょうが、普通。
台風退散!ごま快癒!ついでに家内安全、商売繁盛!

ようやく静かになった朝、
雨戸を開けるとヘリコプターの音が聞こえてきました。
橋の陥落や土砂崩れがあったようなので、
台風被害を伝える取材ヘリだったのでは、と思います。

道路には風で飛ばされたらしい巨大看板が横たわっていたり、
街角のスタンド看板がバリバリに割れていたり。
今回の台風がいかに大きかったかを実感しました。

無事、ごまを病院へ連れて行くことができ一安心。
オシッコも確認。
やれやれです。
091009goma.jpg

たぬ 

sakur@さん家にたぬきが来たとか。
たぬきならホレ、ウチにも。

授乳中のたぬき
091007nya1.jpg
見返りたぬき
091007nya2.jpg
ご…ごめんなちゃい。
091007nya3.jpg
今年は毛吹きがいいニャアちゃん。
寒くなるのかなあ。

台風が来て心細いのか、寸の間ひざに来たごま。
091007goma.jpg
ただならぬ気配に振り返ると…
091007tii.jpg
ゴォォォォ…(台風とちいの心境)

モデルなごまちゃん 

写真を撮られるのが好きなごまちゃん。
カメラを向けると得意そうにポーズを決めてくれます。
バックはさなぽん用の机。

はいっ、そのまま~
091005goma1.jpg
こっち向いて~
091005goma2.jpg
イイヨイイヨ!
091005goma3.jpg
寝起きドッキリですが。
091005goma4.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。