スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東京・山梨旅行 

ちょっくら行ってきた小旅行は、
期せずしてアニメの旅になりました。

東京行きの目的は吉祥寺の「三鷹の森ジブリ美術館」。
(ウチのトトロが行きたいと言うので)
予約チケットを持ってスチャっと行ってきました。
100625jiburi.jpg
常設展示室「映画の生まれる場所(ところ)」がよかったなあ。
色鉛筆や水彩の生原稿にはトリハダが立ちました。
トトロはロボット兵を見て大満足、
一緒に行った3歳児(さなぽん)は、
アニメーションの原理を利用した展示物と
ショートムービー「くじらとり」が気に入ったようでした。


翌日は山梨で、逃げまどうサクランボを40分間追い回して
手当たり次第捕まえて食べるというサクランボ狩りをし、
その後北杜市にある「ハイジの村」へ。
リアルオンジ&ハイジ&ロッテンマイヤーの一行となりました。
1006haijito.jpg
雨天のため、ヨーゼフ犬もヤギもウサギも小屋の中。
バラ園が意外と広かったです。
苗の販売も行っていました。
もう半月早い、晴れの日に来たかったな。

※園内で、悪魔っぽい角と羽をつけたコスプレの娘さんたちに遭遇。
じいさんに「バラよりこっちの方がええのう!」と言われていました。


そして、同県清里の「萌え~の村」
ではなく「萌木の村」へ。
アニメ関係なかったか。
1006moegimura.jpg
アンノン族が押しかけた頃の清里から
かなりの変化を遂げたようです。(何十年ぶりだよ)
ホテル・ショップ・レストランなど、
カントリータッチの建物が点在していて、
散策がてら見て回れるようになっています。

ソフトクリームが、今まで食べた中で一番美味しかった!
おみやげに買ったチーズ入りソーセージもgoodだったし、
食べ物が充実しているようなので、またゆっくり行きたいな。

愛知から東京・山梨なら日帰りも可能。
二日あったらかなりの所をまわれます。

フルーツ農園は午前中早くから開園しているため、
一日を有効に使いたい小旅行にはお勧めです。
サクランボは冷春の影響で熟すのが遅く、7月上旬も食べ頃とか。
サクランボシーズンが終わったら、
今度はブドウ、桃などを追い回(もうええちゅうに)

スポンサーサイト

迷彩 

ソファと同化するちい。
100626tii.jpg

ちょっくら東京へ行ってきます。(ツイッターか)

燃えるきなこと萌えるシマ&ベビー 

ごんざえもんマズルがチャームポイントの、
愛らしい顔立ちをした「きなこ」ちゃん(♂)。
100620kinako1.jpg
コーギーではありません。ネコです。
100620kinako3.jpg
くびれの少ない丸っこい体型と思いきや、
これ、肉ではなく「毛」なんです。
普通の短毛種よりちょっと毛が長いのです。
ネコって、色んなタイプがいるんですね。

そんなきなこちゃんと、熱い夜を過ごしてきました。

↓燃えるきなこ
100620kinako2.jpg
ちょっと振っただけのジャラシに全力で食いついてきます。
ジャラシはすぐボロボロに。
「おもちゃを投げる→持ってくる」の遊びも、
永遠に続くのかと思われたほど。
新鮮な反応だなあ。(ウチのネコはあまり飼い主と遊んでくれない)

きなこちゃんは去勢済みの地域ネコ。
雨続きの今、ハマーン家に入り浸っています。

歳は推定2~3歳。
好きなタイプは子持ちや妊婦。

↓たとえばこんな。
100620shima.jpg
シマちゃんです。
現在、3匹の子持ち。
妊娠中だったシマを、きなこが連れてきました。(聞いてびっくり)

シマちゃんは、人に懐いていない野性味あふれるキャラクター。
どこから来た?どうしてここに?と考えている間に
お腹が見る見る大きくなってきたそうです。
「またか…」
頭を抱えるハマーン。

ちょっと前に、庭に居着いたミケと子供たちを保護して
里親先に送り出したばかりなのに。
※過去記事『小猫いらんかね』参照

保護前のミケと仲良くしていたのも、きなこでした。

ミケにしろシマちゃんにしろ、
かなり小柄で、子猫に見えるほど。
小さな体で子供を抱えてがんばっている女性を見ると
ほだされてしまう…きなこはそんなタイプ!?


結局、シマちゃんには、
家の中で出産してもらうことにしました。

「アタイ、人間なんて信用してないのさ!」
とでも言いそうなクールなシマちゃんは出産後、
「撫でて!撫でて!」とスリスリしまくる超甘えん坊に変化。
子猫を触っても怒りません。

授乳タイム。
100620oppai.jpg
ミケと小猫たちがまだ居るのかと、錯覚しそうです。
このブログで『子猫いらんかね』を書いたのが去年の08/20なので、
10ヶ月ほど経っているのに。

シマ&小猫たちも、もう少ししたら里親先を募集します。
良いご縁があればいいなあ。

5月19日に産まれた子猫たちはちょうど一ヶ月。
まだおっぱいオンリーです。
元気に育ちますように。

濃茶(仮)
100620usu1.jpg
薄茶(仮)
100620koi1.jpg
黒(仮)
100620kuro1.jpg
さて、シマちゃんときなこその後。
産後で気が立っているのかシマちゃんは、
きなこを見ると追い回すようになりました。
可哀想なきなこ…。


どうも雌猫たちにやられっぱなしのような気がする
ハマーンときなこです。

2008年の秋に撮った写真を見ると、
入居予定のハマーンの家に先客がいました。
↓これが、後に子連れで庭にやって来るミケです。
miketodeau.jpg
ミケ「あら、お人好しそうなのが来たわね。
子供産んだらここに来よっと♪」

なんてね。

そんな 

こっちへ来いよ…
100620kinako.jpg
誘われました。

その魅力的なお誘い(特に腹毛)には
抗えませんでした。

「思いっきりモフってもいいですか?」


つづく。

初夏の海辺 

梅雨入り前の三河湾。
おだやかな水面をトンビが飛んでいます。
100607umi.jpg

黒い集団。
よく見たらネコとカラスでした。
100607kuro.jpg

季節の変わり目に海へ行きたくなるのは
どうしてなんでしょうね。

<マンガ>『ネコとガーデニング2』 

関連記事:
<マンガ>『ネコとガーデニング』

『はかどらない』
100602nekoniwa1.gif

いざ植えようとすると、高確率で“獣へんがついた苗”が植わっています。

『動物性蛋白源』
100602nekoniwa2.gif

コガネムシ対策に「パーライトを土に混ぜるといい」と聞いたので、やってみたらグッと減りました。幼虫はね。

『だいなし』
100602nekoniwa3.gif

まあ、別にいいんだけどさ(あきらめ)。

ミミちゃん&ベビー 

ちいの兄妹(姉弟?)のミミちゃんが
お母さんになったそうです。
1005mimi.jpg
1005mimi2.jpg
1005mimi3.jpg

写真は雪風氏の妹さん(飼い主)が撮影。
子猫は生後1ヶ月で、名前はモラちゃん。
一匹だけで産まれたそうです。

ミミちゃんはちいと違ってとても小柄(3kg)なので、
子猫が大きく見えます。
どちらもきゃわいいいいいいっっっ!

ちい、おじさんだってよ?
100602tii.jpg

浜松旅行 

ちょっとヨーロッパに行ってきました。
1005nukumori1.jpg
というのは嘘で、静岡県は浜松の「ぬくもりの森」です。
ジブリ映画に出てくるような、
本格的なヨーロッパ古民家に圧倒されました。

何せ、人工的なものが見あたらないのです。
屋根もドアも壁も。雨といまでも。
トイレの便器ぐらいTOTOと書いてあっても
いいじゃないかと思うのに、西洋アンティークなんだな!
どうだ。(なぜ私がえらそうなのか)

1005nukumori2.jpg
草木や鉢小物など細かい所までこだわりが貫かれていて、
あっちでため息、こっちでため息。
暖炉が入るらしい冬場にもう一度行ってみたいです。

1005flower.jpg
「フラワーパーク」は花でいっぱい。
温室ではベゴニアが盛り。
「ヒカリゴケ」を見ることもできました。

1005flower2.jpg
日が暮れてから、蛍を見に再入園。
蛍が舞う真っ暗な夜の空は幻想的でした。
ライトアップされた噴水もきれいでしたよ。
(うまく写らなかったけど)
デートにいいかも。

1005garden.jpg
「ガーデンパーク」(花博の跡地)も春~初夏の花が満開。
真似したいグランドカバーや寄せ植えが多数ありました。


食べ物は、浜松と言えばうなぎ。
初めて「うなぎ釜飯」を食べました。
この美味しさはっっっ!!(ドジャーン)…ということで、
名古屋名物ひつまぶしもいいけれど、
うなぎ釜飯>>>ひつまぶし、となりました。
すまんな、ひつまぶし。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。