スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪ウサギ 

雪が降ったので
「そうだ、年賀状に使う写真に雪ウサギなんていいのでは」
と安易に考え、

即席でつくってみたものの
111226yuki1.jpg<

雪…ウサギ?
111226yuki2.jpg

雪のあまりの冷たさに、
ディディールにこだわることができなかったんだな。
(固めるのが精一杯)

斜めから見たらちょっとカワイイ。
111226yuki3.jpg

けど年賀状には却下。

スポンサーサイト

コレ(右手)がコレだもんで 

「コレがソレなもんで更新再開」と書いた直後に、
「コレ(右手)がコレだもんで」なことになりました。
  ↓
111212nenza.jpg

おじいちゃん家で見つけたブレスレットをはめた途端、
右手がこんなになっちまった!(違う)

人差し指の関節と付け根あたりの捻挫です。
捻挫してから10日。
もう湿布と包帯は取りましたが、
指を動かすとまだ痛むのでテーピングしています。

そんなに痛くなかったのに、
後から腫れて青緑になるとは!
一夜でゾンビになった気分でした。

捻挫って怖いんですね。
たかが捻挫と甘く見て、
処置をせず放っておいたらどうなることか!
行けばわかるさちょっとググっただけでその怖さがわかりました。
(人生のかなりの部分を捻挫に振り回された人もいるぐらい)

腫れてから整骨院へ行き、
市販の湿布一枚貼っただけだと話したら

「あああ~!
 捻挫したらすぐに冷やすこと。
 3日間ぐらいは冷やし続けて動かさないこと。
 内出血が広がって指先までいくかもね」

と言われ、

「取りあえず湿布ね…もう遅いけどね」
「固定もしておこうか…もう遅いけど」

と「遅いけど」を連呼され、
今度は耳が捻挫するかと思いました。

こんな状態で不自由を感じるのは繊細な動作。
縛ってある袋の口を解いたりとか、
シャンプーや歯磨きなど。
それと雑巾絞りの動作ね。

歯磨きが難しくなるというのは意外でした。
人差し指、人を差す以外にも色んな仕事してたんだなあ。

一番大変なのはPCでの文字入力。
ブラインドタッチがボロボロに。
タイプミスの嵐で時間がかかって仕方ないです。
ま、急ぐようなメールも仕事も来ないから別にいいか。
(捻挫以上に心が痛い)

そもそもなんで捻挫したのか。
転んだのは2泊3日で行った旅行先の九州です。
1日目は高千穂神社など神話と関わりの深い名所巡り。

えっ!?
nyanokao01.jpg

あ、コレが原因?
また?(今回は発熱じゃないけど)

2日目は阿蘇火口・大観峰へ。(霧で何も見えず)
3日目、別府地獄めぐりの一部を見て帰ろうかという時、
突然すっころびました。
捻挫はその時、変な風に手をついたのが原因です。

特に転ぶような場所ではなかったのに。
「おまえはそっちじゃないだろ。帰ってこい(by地獄からの声)」
ということなのでしょうか。
そういえば足首を掴まれたような気が!


さて、来週は伊勢方面へ行くので、
伊勢神宮に寄ってきます。

あぶないのニャーーーーッ!!
111213nyakuchi.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。