スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さなぽんとのなつやすみ2012 

120728sana01.jpg

さて、今年も幼稚園の夏期休暇の始まりとともにやってきたさなぽん。

いつも、こちらでの生活を
それはそれは楽しみにしているらしいです。

気力体力を蓄えながら待ったいたところ。

いっしょに色々やろう。
ときどき離れて自由にやろう。

恒例の日課表。
120728sanapon02.jpg

起床・就寝・食事以外はほとんど守られたことがないです。
予定を立てることより予定表をつくることが目的だからです。

昼寝は毎度のことながら、ちいにおまかせ。
120728sanapon03.jpg

仕事した、という顔のちい。
「寝たよ!これでいいんだよね?」

↓さなぽんの撮った写真(奇跡的にピントが合っていた2枚)

120728sanapon04.jpg

連日廊下でへばっているニャア。
熱中症が心配なので冷房の入った部屋に入れてもすぐに戻ってしまいます。

被写体としても、ちいはお気に入りらしい。
120728sanapon05.jpg

「ちいたん、何てかわいんだろう!」と言いながら
シャッターを押していました。
(「雪の中の赤ずきんちゃん」※萩尾望都の『この娘うります』を思い出す)

一緒に夕食づくり。
120728sana06.jpg

メインディッシュはたこさんウインナ。
120728sanapon07.jpg

スポンサーサイト

さくらんぼのコンフィ2012 

「かぶる」のが宿命らしい、たまです。

新しい服を着て外出すれば同じ服の人に出会い、

本を買えば同じ本が家にあり、

庭に水を撒けば直後に雨が降り、

飲食店で注文しようとすると一秒先に誰かが「注文お願いしま~す」。

道でぶつかりそうになる人を避けようとして
反復横跳びのように何度も左右に頭を振る。

そんな人生を送っております。

そして今回、

さくらんぼを買った直後にさくらんぼが届いたわけですが、
こういう「かぶり」はノープロブレム!

ということでまた、コンフィをつくりました。

●○●○●○●○●○●○●○●○●

☆作り方は『バスクの砂糖壺』の中の「さくらんぼの丸ごとコンフィ&ジュレ」を参考にしています。

前回つくったコンフェは風味のある砂糖を使い、
かなり満足のいく出来上がりとなりました。

今回はアメリカンチェリーと国産チェリーのブレンドで、
砂糖も都合でグラニュー糖や三温糖などのブレンドになりました。
レモンも半量をポッカレモン使用。
リキュールはコアントローにしました。

↓つくり始め。軽く火を通しただけ。
120709cherry1.jpg

↓軽く火を通しては休ませる、を繰り返して3日目ぐらい。
120709cherry2.jpg

↓20分ちょっと煮詰めて保存。
120709cherry3.jpg

まだちょっとゆるかったかな。

今回も美味しくできました。
さくらんぼって味の特徴が薄いので、
風味のある砂糖やリキュールづかいが活きると思います。

トッピング用として少しずつ食べるか
ツインピークス風チェリーパイの具にするか悩むところ。

●○●○●○●○●○●○●○●○●


日数はかかりますが、
ちょっと加熱して置いておくだけ、
アクもほとんど出ないのでコンフィづくりは楽です。
さくらんぼの場合、コンフィとシロップ煮、
そのまま食べるなら断然コンフィの方が美味しい。
種取りもしなくていいのでおすすめです。

7月のネコたちお気に入りの寝場所 

雨が続きます。
ネコたちはよく寝ます。

気温や湿度などの微妙な変化で
寝場所を変えるネコたち。


最近のニャアちゃんは籐のネコベッドが定位置。
120706nya.jpg
PCに向かう飼い主にときどき撫でてもらえる場所でもあります。

本棚の一画にあり、
いまだにウールのセーターが敷いてあるネコベッドには、ごま。
120706goma.jpg
天井に近い場所というのもお気に入りらしい。

床に、ちい。
120706tii.jpg
歩いていて適当な所で寝るフリースタイル。
腹部は常にオープンです。


雨が上がったら暑くなるかな。

眠るネコと幼児 

風邪で熱を出したさなぽん。
寝ていなさいと言っても聞ききやしない。

そこへ、添い寝をしてくれるネコ、ちい登場。
(以下写真時系列)

1207sana1.jpg
幼児と同じようにタオルケットをかけてあげる。

「ちいたんが寝てくれるからさみしくないよね?」
「うん」

ちいに任せて寝室を離れる。

しばらくして見に行くと幼児より先に寝付いたもよう。
1207sana2.jpg

1207sana3.jpg

さらに時間が経って見に行くと
1207sana4.jpg
人間か!

幼児は寝返りを打って別の場所に移動。

次に見に行くとなぜか場所が入れ替わっていた。
1207sana5.jpg

そして熟睡。
1207sana6.jpg
暑そう…

クリームチーズチェリーパイ 

チェリーパイというと、
私の憧れのチェリーパイというのがふたつありまして、
ひとつは、
ツインピークスでクーパー捜査官が食べていた
薄いパイ生地から真っ赤なチェリーがのぞいているタイプ、
もうひとつは、
昔、原宿のカフェで食べて感動した、
クリーミーなフィリングにチェリーが埋まっているタイプ。

今回、後者のチェリーパイに挑戦してみました。

ただ、フィリング(パイの中に入る具)の材料がイマイチ不明で、
カスタードっぽい何かなんだろうな…と思いながら調べてみると、
「サワークリーム・小麦粉・卵・牛乳」あたりが材料のよう。

サワークリームなんてないぜ!
でも、クリームチーズならあるぜ?

ということで適当につくることに。

結果、好評だったので記録しておきます。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
1206cherrypie1.jpg

<作り方>

パイ生地は別途つくっておきます。

材料:チェリー300g、グラニュー糖、キルシュ(リキュール)、
クリームチーズ150g程度、卵黄1個、レモン汁小さじ1、小麦粉
(※グラニュー糖と小麦粉の分量が目分量だったので次回追記)

(1)チェリーは枝と種を取り、
グラニュー糖大さじ4~5杯程度とキルシュ少々を振りかけて
3分ほどレンジでチンしてシロップ煮の状態にする。
その後、チンして出た汁だけを鍋に入れて煮詰め、
とろみがついたら火を止める。

(2)クリームチーズをチンしてゆるめておき、
冷ました(1)の汁を入れて混ぜ、
味見しながらグラニュー糖を追加し卵黄とレモン汁を加えてよく混ぜ、
小麦粉を少しずつ加えてもったりしてきたら加えるのをやめる。

(3)パイ生地に流し込んでチェリーを並べる。

(4)180℃で約30分ほど焼く。

120630cherrypie002.jpg

☆シロップ煮は砂糖大さじ4でつくったけどもっと甘い方が
良かったと思う。

☆焼き上がり後、冷ましてからカスタードクリームを乗せ、
さらにその上からシロップ煮にしたさくらんぼを並べると
よりゴージャスで絶対美味しい。

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。