スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

低糖度ゆずジャム 

1212yuzu1.jpg

3年ぶりとなった柚子ジャムづくりは、
柚子を収穫後、鍋を前にフリーズするところからスタート。

正確な作り方が思い出せず…orz
MYブログの過去記事を見て手順を思い出すことに。

料理の記事は、
自分のモチベーションアップと
不特定多数に向けて「気に入ったら参考にしてね」
というつもりで書いたもの。

なのでブログを見た方々に

「わ〜美味しそう」

「私もつくってみました♪」

「柚子ジャムいいね!」

「拙者も食べたいでござる」

「so cool!」

などとチヤホヤしてもらい面白可笑しくやり取りして
世界とつながることができるブログの醍醐味を味わう予定が、
自分で書いて自分で活用という…


閉じてるわ〜!

でも便利だわ〜!(自分に)

ひとしきり空しさを楽しんだらジャムづくり、と。


●○●○● 低糖度ゆずジャム 2012年つくりかたメモ ●○●○●

1212yuzu2.jpg

前回の「あめ色の柚子ジャム」よりさらに低糖度にしてみました。

1.洗った柚子を半切りにして種と汁と皮に分ける。
 ※汁を搾った後の白い部分は捨てる。

2.皮は一晩水に漬けた後、お湯を替えながら3回ゆでこぼす。
(ゆで時間2〜3分程度)

3.種を柚子の汁に入れてしばらく煮(ペクチンを煮出す)、
漉すなどして種を取り出しておく。

4.くしゃみの真似 <ペックチン!(一度でいいからさ…)

5.柚子の皮をスライサー等で細切りにする。

6.鍋に柚子の皮、柚子の汁を入れ、砂糖を加える。
砂糖の量はゆず1kgに対し砂糖300g。(今回はグラニュー糖+きび糖使用)

7.鍋底が焦げつかないように時々混ぜながらゆっくり煮詰め、
好きな固さになったら火を止める。

※写真は弱火で1時間半ぐらい煮詰めたもの。ちょっと固め。
糖度30%→煮込むことで糖度が上がるので40%ぐらいでしょうか。

味はかなり気に入っています。
ジャムにしてはかなり低糖度なので長期保存には向いていませんが、
柚子の爽やかな酸味と繊細な風味が最高に引き立つ砂糖の量だと思います。

パンなどに「塗る」というよりは「盛って食べる」という感じです。
ゆるめにするなら砂糖の量をもう少し増やした方がいいかな。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。