スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ん」が多い 

BBSで開高健の話題が出ていたので、
どんな著作があるのかと調べてみました。

たくさんの著作の中からひときわ目を引いたのが、
『知的経験のすすめ―何んでも逆説にして考えよ』
というタイトル。

なぜだろう?と自問してみたところ、
私の心を奪ったのはどうやら、
タイトル文中の「何んでも」。

「何でも」じゃなくて、「何んでも」です。
「ん」が多いんです。

「何んでも」と言えば、
こちら東海地方では『近藤産興』なんですよ。

東海地方の住民の脳には、
近藤産興の例の、三角柱の立体看板に書かれた
「何んでも貸します」の文字が刷り込まれているので、
ついつい、この著作タイトルには親近感を持ってしまうわけなんです!

腑に落ちました!
自分は根っからの東海人なんだなって思いました!!
「ん」が多いで思い出しましたが、
「ぐ」が多いカレーってのがありましたね!!
関係ないけど!!!

… … …

あー暑い。(「暑い」って言ったから罰金100円ね!)

関連記事
スポンサーサイト

Comments

開高健といえば、「オーパ」!
決め打ちです。

>開高健といえば、「オーパ」!

オススメありがとうです。
早速借りてこよ。

アマゾン釣り紀行なんで、たまさんにとっては面白くないと思うよ。

松井どん
先日半日図書館にこもった折り、
写真集「オーパ!オーパ!モンゴル・中国編」を見てきました。
確かに、釣りの面白さを知るのが先かな。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/111-f04e97e8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。