スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「手帖」と言えば 

今さらながらですが、
先日観て面白かったのが、
松本清張原作のテレビドラマ『黒革の手帖』2004年版。

基本的に成り上がり系の話は好きです。

黒革は原作の巧さに加え、
話の展開やテンポもよく、
役者陣も上手くはまっていたと思います。

見どころは多々ありますが、セリフ回しがいい!
各キャラクターが立っているのは、
そのせいだと思うのですがどうでしょう。

一番気に入っているのは、仲村トオルの
「まるで、悪いことをして逃げているみたいだったな」
というセリフ。
ギクッとしてドキッとして…
元子は吊り橋効果で恋に落ちたのでしょうか。
原作を読んでいないので、原作通りかどうかが気になります。


それで、話はそれますが、
主演の米倉涼子って
ニャアちゃんに似てるなあ…ってことで、
米倉涼子に代わってニャアちゃんが
ドラマに出ることになりました。

原作:松本清張
主演: ニャアちゃん
『猫の手帖』

それ、雑誌だから!
(今年の春休刊になったようです)

じゃあ、こっちで。同原作。
『けもの道』

そのまんまかよ!


閑話休題

続けてレンタルして観た『けもの道』は、
黒革とはかなりテイストが違ったなあ。
原作が古い時代のせいか話が暗くて、
私的にはイマイチでした。

そう言えば今、映画館で
『容疑者Xの献身』が上映されています。
同じく猫顔の柴咲コウの代わりにニャアちゃん主演で
『ニャリレオ』ってのはどうかn

関連記事
スポンサーサイト

Comments

ニャレリオみてみたです
どんなお話になるのでしょうか?
楽しみにしてますからね
って脅迫のようですね

松本 清張さんのは原作もドラマも
しらないのです
さん付けはだめですね
先生ってつけなきゃ
わたしも、先生って呼ばれたいな~


>ニャレリオみてみたです

!(ひらめいて突然、数式ならぬネタメモを書き始める私)
いいですね、それ。
ぜひやらせていただきます。

>わたしも、先生って呼ばれたいな~

何か教室でも開くとか…
ダンナがたまに私のことを「先生」と呼びます。
アホの「先生」ってことだと思います。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/167-087be53f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。