スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちいさなごまちゃん『1』〜『5』 

titlelogo02.jpg

∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵
ある日突然、猫(ニャア)がやってきてから
1年と5ヶ月ほど経ったころ。

今度はちいさなネコに出会いました。
∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵¨∵


『1.もしかして』
tiisanagoma1.gif

ニャアちゃんのちょっと遠目の散歩コースでのことです。
ニャアがいなければ行かなかった場所ですから、「ニャアが見つけた」と言えるかもしれません。

『2.びっくり箱』
tiisanagoma2.gif

2004年の6月3日のことでした。

『3.おフロ』
tiisanagoma3.gif

元気だったのでシャンプーしてしまいましたが、病院が先ですね。

『4.病院へ』
tiisanagoma4.gif

先生の手際の良さにはびっくりしました。

「お宅で飼われますか?」と聞かれ、またまたびっくりしました。
一瞬のことですが、「どういうこと?もうすでに飼ってるのに?」と思ってしまい、飼うとか飼わないとかすっ飛ばして、ひと晩ですでに「ウチの子」になっていたことに気づいたからです。
ひと晩で?いや違います、びっくり箱から出てきた瞬間からでしょう。

kgoma3.jpg

『5.昔のケータイサイズ』
tiisanagoma5.gif

ごまを捨てた人は、このことを知ったとしても胸をなでおろしたりしないで、命があるものを捨てた後悔を胸に置いて生きていってほしいと思います。

kgoma1.jpg

kgoma2.jpg

hidari.gifshiro.gifmodoru.gifshiro.gifmigi.gif
関連記事
スポンサーサイト

Comments

うちの父や母も捨て猫、捨て犬を動物病院へ
何度か連れて行ってやってました。
捨てる人居れば、拾う神が居るのですね

>捨てる人居れば、拾う神が居るのですね

拾ってしまう星の下に生まれた…と言われるぐらいしょっちゅうそういう場面に遭遇してしまい、やむを得ず拾ってしまう方々がいるそうです。
生まれながらの拾う神なんでしょうね、リュウ氏のご両親も含めて。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/186-9308d71a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。