スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昔の色指定 

前日に引き続き、昔描いたマンガの話。

さて、このマンガは2色印刷でした。
その色指定の方法は…

まず、2色選びます。
iromihon.jpg

選んだ2色を、原稿のどの部分にどれだけの濃さで印刷するかを指定します。
(見本色を100%として、薄くなるごとに0%に近づく)

↓原稿の上にトレーシングペーパーを重ねて、輪郭を写しながら指定内容を書き込んでいくという方法をとっていました。
元原稿なしで見ると何が何だかわかりませんね.
iroshitei1.jpg

1色につきトレーシングペーパー1枚に書き込みます。

↓2色分のトレーシングペーパーを重ねると、色が重なる部分がわかります。
iroshitei2.jpg
※元原稿にトレーシングペーパーを重ねた状態でコピーしたもの(部分)

その後は、色指定通りに印刷版下をつくり、印刷して完成です。

完成した状態
oraimugi2.jpg

この色指定を2年(24話分)やらせていただきましたが、限界でした。
今はいい時代だなあ。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

何だか私だったら途中で
やめた!!ってなってそうな
感じがします

大変な作業だったんですね
くらくらしちゃいます

>何だか私だったら途中で
>やめた!!ってなってそうな

でしょう!?
完成までの道のりが見えないから辛かったんだと思います。

>大変な作業だったんですね

ええ。でも、過去形じゃなかったようで。
マンガ原稿の彩色をしているデザイナーが悲鳴をあげていました。
今は今で大変そうです。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/188-5192d181

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。