スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黄金の指 

たまに行くマッサージ店で、
たまたま会ったマッサージ師。

背中をほぐしてもらっているとき、
「チョー凝ってて笑える」と言ったその人は、
柳原可奈子に似ている(主に体型)、
私の中の伝説の人。

私が魚だったとしたら、
ウロコを一枚一枚丁寧にほぐしていくような、
そんなイメージのマッサージ。

それはそれは気持ちよかったです。
彼女を超える人は未だに現れません。

的確なツボ押し、
絶妙な力加減、
気遣い…

これだけなら、他にも上手い人は居ます。

彼女が他のマッサージ師と違うのは、
“黄金の指”を持っているということ。

“黄金の指”それは…

丸っこくてぷっくりした肉付きの良い指!

この指でツボを押してもらうと、
肉がクッションとなって、
刺激がじんわりと広がるんです。

スリムな指だとこうはいきません。
鉛筆で押されているような感触になってしまいます。

それだけではありません。

“黄金の指”を持つ人は多分にてのひらが温かいので、
背中をさすってもらったり、
腕をギュッギュッと握ってもらうと、
ぽかぽかしてとても気持ちがいいのです。


昔、ピアノを習っていたとき、
先生が
「太った人がピアノを弾くといい音が出る」
と言ったことを思い出しました。

「肉付きの良い指が鍵盤を叩くと、
コロコロっとしたいい音になるのよね」

どんな音?と思いましたが、
何となくわかる気がします。
脂肪の厚みで音が丸くなるんですね。

マッサージに良し、ピアノ弾きに良し。
やるな“黄金の指”。


さておき。

柳原さん(仮名)と再び巡り会えない今、
同様の体型のマッサージ師を探すしかありません。

先日、いつものマッサージ店に行ったら
「ご希望の方がいらっしゃれば」
と言われました。

そのときのとまどい(頭の中)。
 ↓

「太った方をお願いします」
(ストレートすぎるか)

「ぽっちゃり系で」
(何だかマニアックなニュアンス…)

「肉付きの良い手をお持ちの方で」
(ちょっと気持ち悪いか)

「デブよろしく」
(収拾のつかないことに)

とても言いにくいので、
アンケート用紙などつくっていただき、
希望の体重や体脂肪率を記入できるようにするか、
もしくは全員太っていただきたい。
(アタックチャァァァンス)


後で考えたら、名前を言えば良かったみたい。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

デブ線でしたか

偶然ですね。うちに黄金の指の持ち主がおります。

177cm、85kg、40%。腹周り100cm。
デブ線好みのぼよよん体系です。

おひとつ、いかが?

そうなのですね
黄金の指・・私も
黄金の指を持つ人に
マッサージをされてみたい

幸せを感じられそう
ああ・・寒くて肩がこります

>177cm、85kg、40%。腹周り100cm。

すばらしいスペックですね。
特に腹周り/☆(・_。)
マジで資格とか取られてはいかがでしょう。

>ああ・・寒くて肩がこります

寒いとつい体を縮ませてしまうので肩が凝るのだとか。
運動も大事ですが、誰かにほぐしてもらうのはまた格別です。
ちいが、寝る前に首のあたりをマッサージしてくれますけどね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/196-b53ed9cb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。