スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

検索でびっくり 

ふと思い立って、
昔々、マンガを描いていた頃のペンネームを
検索してみたところ…

で…で…出た~!

昔々につくったマンガの同人誌が!!
古本屋にて300円で売られているらしい。

ぐわ~~~!!!
(床にのたうち回り300メートル全力疾走のち
コサックダンスを踊るの気分)

買ってそっと燃やしてしまおうか。

売れるまで見守ろうか。

ウチにある古い同人誌を売りに行こうか。

>マンガを描いていた頃の
あっ、今もか。


10秒ぐらいで冷静に。


ホント、検索すると驚くことがあるよね。

私の場合、

担任が校長になっていたり、
知り合いが医者や作家やコンサルタントになっていたり、

昔々にちょっといいなと思っていた男子が、
会社のサイト上でヴェタなオヤジギャグを連発しているのを
見つけてしまったり(逆の可能性は無視)、

自分自身が、
どこかの党の活動家だったり、
作詞をする人だったり、
はたまた男だったりするからね。

身に覚えがないのに、
いつの間にか巨大児を産んでいたことも。

人間ですらなく、花だったことも。



↓産んだ覚えはないけど育てている巨大児。
091018tii.jpg
そんなこんなで、
美しい想い出・イメージをそのままにしておきたい場合、
手当たり次第の検索はしない方がいいのかもしれません。

何気ない言葉に関することでもね。
たとえば「蘭の語源」とかね。
「アボカドの語源」とかもね。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

返歌;

露知らず
アボガド剥けば
川崎の
根本に敷ける
二子玉川

>二子玉川
フフフ。上手いなあ。
稲荷先生を思い出しました。

では、私も。

北欧の
美しき国
フィンランド
フィンランズ(複数形)ではなく
フィンランド

…怒られそう(^^;;;

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/310-10575ecc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。