スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あめ色の柚子ジャム 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
今年は柚子がたくさんなったので、
バケツ一杯程収穫して、ジャムをつくることにしました。

大きめの寸胴鍋があるので、
「5kgぐらいいけるじゃろ」と思っていましたが…

甘かった。
ジャムだけに…って、違うわ。

5kgの柚子を半分に切って汁と種に分け、
皮を刻む作業が、終わらないったら終わらない。

何の修行だよ。
そして、お約束の独り舞台(脚本と主演)が開幕。

↓ヒマな方だけどうぞ

「我は、心をもたない悲しい柚子刻みマシーン。
 だが、ある日突然、ある考えが頭をよぎる。

 ワタシハ・ダレ? ナゼ・ココニ・イル?
 ~自問自答・苦悩・葛藤・自暴自棄等~

 …ソウダ。
 ワレ・オモウ・ユエニ・ワレアリ。

 ワレ・ナベニ・トジ・ブタ。
 チョット・チガウ…」

ふう。

刻んだ皮はもみ洗いし、一晩水につけてアク抜き。
その後、水・果汁・種(お茶パックに入れる)と一緒に煮ます。
種を入れるのは、ペクチンを抽出するためだそうで。
ペクチンはおりこうだねえ、ぺくちん。(かいぐり)

しばらく煮込んでとろみがついたら種を取り出し、
砂糖を少しずつ加えながら煮詰めます。
今回、柚子5kgに対し砂糖は2kgと、
一般的なジャムに比べてかなり控えめにしました。
(どうせあっと言う間に食べ尽くすし←保存食の意味なし)

アクを取りながら底の方を時々混ぜて、
ジャムの量が1/3ほどになるまで煮詰めたら出来上がり。

そんなこんなで出来上がったのが、
このあめ色柚子ジャムです。
あめ色なのは、ブラウンシュガーを使ったから。
※ブラウンシュガーは「ナチュラルキッチン」を使用
0912yuzujam1.jpg
味見を始めたら、これがもう止まりません!
甘くて、ほろ苦くて、香ばしくて、たまらんです。

冷ました後、熱湯殺菌した大小のビンに詰めていくと、
10個足らずにおさまってしまい、
5kgなんて大した量じゃないことに驚き。
0912yuzujyam2.jpg
トーストにはもちろん、ヨーグルトに良うグッド。

↓ジャムづくりの合間につくったゼリー。
0912yuzujelly.jpg
「かんてんパパ」のゼリーの素(オレンジ味)に、
柚子果汁を入れるだけ。
果汁の分だけお湯の量を減らします。
ゼリーの素半分(110g)に柚子果汁を6個分入れましたが、
そんなに酸っぱくなかったです。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

関連記事
スポンサーサイト

Comments

おおぅ!
写真にクレジットつけたくなりました(^m^)

あれって効力ないよね?(^^;
(C)たま…あっ、いいかも。

柚子の沢山なるお家、自家製ジャム、羨ましいです。我が家はマンション住まいのため大きな木は無理なのですが、去年からレモンの木を鉢植えで育てています。去年はレモンが3つなりました。成長が早いためどんどん大きく枝を伸ばし、今ではダンナ様から苦情が・・・。ベランダが狭いため枝が邪魔して通りにくくなってしまうので、レモンの木は実家かどっかへ持っていくようにと言われてしまいました(泣)。聞こえないふりして今でも育てていますが、今年は実を付けてくれるかどうか。去年はレモンカードを作ってみましたが、今年レモンがなったらたまさん家みたくジャムにしてみようかなあ*。[ かんてんパパ ] もせっかく持っているのでレモンゼリーでも作ろうかしら♪。

レモン、もう実がなったんですか。
ウチは三年目の苗を買って春に植えたのに、まだ全然成る気配がありません。
ベランダにレモン…良い香りでしょうね。
レモンジャムいいかも!
酸味が強いのでリンゴと合わせてもいいかもしれませんね。
ああ、色んな果実のジャムをつくって並べたら楽しいだろうなあ。

>[ かんてんパパ ] もせっかく持っているので
おおっ!これを常備しているとは(?)食いしん坊さんに違いない。
あれはホントにカンタンで美味しいのでストックしています。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/323-4ffc90b0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。