スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏祭る 

夏がもうすぐ終わりますね。
今年はあちこちの夏祭りを満喫しました。

花火のデカイ音・光・色、
屋台のジャンクな味、 人混みなど、
色々な要素が混ざり合った夏祭りならではの熱気が、
いい感じの脳汁を出してくれるんでしょう。

ゆうべお祭りから帰って、
季節をひとつちゃんと終えた満足感を感じました。
次の季節もがんばるぞ、みたいな。
ああ、これが祭りにおける神憑きの
ハレとケの死と再生なのか~(適当)

慣れない浴衣と下駄で足がつりそうになったり、
屋台で買ったヤキソヴァが
肉どころかキャベツすら見あたらない代物だったりしたけど、
念願のかき氷もたくさん食べたことだし、
今年の夏の魂は成仏できそうです。

特に良かったのは、
“浴衣の女性は入場無料”に惹かれて行った「宵の明治村」。

建物はライトアップされて昼間とは違う雰囲気

1008meijimura.jpg
無料効果てきめん!
村内は若い女性やカップルでいっぱい、
縁日、ライブコンサート、花火などで盛り上がっていました。
明治村、色々企画を立てたり細かい気配りもあり、
がんばっているなあと思います。

からくり人形&人形使いが「たません」づくりを見守る図

100822sana.jpg
たません、初めて食べました。美味かった~!
他にも色々。屋台めしの美味しさは格別でした。

「常滑焼まつり」の花火も良かったです。
近くで見るとド迫力!
毎年見に行くファンが多いのもうなづけます。
フィナーレにはあちこちで歓声が上がり、拍手が響きました。
焼き物に興味がなくても、遠くから見に来る価値は十分。
ただし、混雑と渋滞に耐える必要がありますが。

花火の写真は、どれもボケたりブレたり(私か)。
せめて電車が通った瞬間のを。
1008hanabi.jpg

帰宅後。
からくりさなぽんのぬけがらと、
「あたちだって浴衣着たかったんだから!」
とでも言いたげなごま嬢。
100822goma.jpg
ニオイをかぎまくって、ホールド&ケリ。

留守番で退屈だったのか、すね顔のちいinさなぽんイス。
100822tii.jpg


ところで。

夏祭りと言えば盆ダンス。
盆ダンスという言葉で、
アボンダンスというケーキ屋さんを思い出すんだよね。

そこの外国人シェフに
「おすすめはどのケーキですか?」と聞いたら、
ケースの端をから端までを指して
「ここからここまで」って言われて、
どうツッこんだらいいのかうろたえたっけ。

どうしてくれる、ケーキが食べたくなっちゃったじゃんか!
責任とってよ!あっ、ゼリー系はパスでね。
チーズケーキならベークドよりレアね。
アップルシナモン、シナモン抜きで。
果てのない煩悩を抱えてレッツネクストシーズンな!

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/401-1ee84322

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。