スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サクランボのコンフィ&シロップ漬け 

半年前につくったサクランボのコンフィが
そろそろなくなります。

来年もつくる予定なので、
忘れないようにレシピ(というほどでもない)をメモ。

●○●サクランボのコンフィ●○●

10ice.jpg

食べたら混乱しそうだなあってか?…それはコンフュ(←独り言)
長期保存ができる砂糖煮です。

サクランボを種入り・枝付きのまま、
多めの砂糖・水・レモン果汁で煮て、
アクを取りながら「煮て冷やす」を繰り返します。
10cherryconfe1.jpg

ネットで見たレシピではグラニュー糖使用でしたが、
「古式原糖」という砂糖を使用しました。

ジャムと同じように瓶を殺菌して保存。
半年経っても、つくりたてとまったく風味が変わりません。
10cherryconfe2.jpg

さくらんぼの風味が生きていて、
甘いのに飽きの来ない美味しさ。
我が家では、ほとんどを無糖ヨーグルトにかけて食べました。


●○●サクランボのシロップ漬け●○●

1007syrup.jpg
※写真はつくりたて。時間が経つと白っぽくなります。

サクランボの種と枝を取り、
グラニュー糖・水・レモン果汁で軽く煮ます。
仕上げの香りづけはブランデーにしました。

種取りが大変なのと、あまり保存がきかないのが難点。

これで、サクランボジュースとサクランボパイをつくってみました。
10pai.jpg

ジュースはシロップを水で割ったもの。
パイは、焼いたパイの上にカスタードクリームを敷き、
シロップ漬けのサクランボを並べただけ。
サクランボにはあえて色付けはしなかったけれど…
色は大事ですね。

次回つくる時は
1. サクランボは煮詰める&少し着色する
2. カスタードクリームの砂糖は控えめにする
3. ジュースかパイどちらかにする(甘すぎる)

サクランボはサクランボ園で
規格外のものを安く購入しました。
10cherry.jpg
来年のサクランボの季節が楽しみ。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

こんなとこで(大失礼)ミドリネタを~~っ!
ああ、もったいない/(☆_<)

>ああ、もったいない/(☆_<)

もひとつあるのでまとめたら送っておきます(^^;)

暖炉にルンバにサクランボ♪
に、にくいっ!←×
うらやましいですぅ❤←○

いいなあああああああああ

>暖炉にルンバにサクランボ♪

またゴロのいい…(^^;)
ちいたんのふくよかな頬とか、ごまたんの丸い後頭部にこそ嫉妬と羨望が集まりそうなものなのに。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/428-31594fe3

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。