スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲裁するネコ 

数時間前、実母とケンカしていました。
ケンカというより一方的にこちらがまくしたてていたのですが。

そこへごまが
♪ケンカをやめて〜
というつもりなのかどうかはわかりませんが、
私の右手をガブリ。

「いた〜〜〜〜っっっっ!」
叫んでしまったほど痛かった。

ごまがケンカに割って入ったのはこれが初めてではなく、
以前ダンナと口ゲンカをしたときも、私の方が腕を噛まれました。

ごまよ、なぜ私を噛む!
正しいのは私の方なのに。

ごまの目には、私が母をいじめているように映ったのでしょう。
怒りで興奮して声が大きくなっている私と、
怒られてしょんぼりしている母、という図ですから。
(母はウチへ来て1ヶ月。
ごまと母は特に仲がよいわけではありません)

びっくりしてテンションは下がったものの怒りはおさまらず。
でも、また噛まれるのはイヤなので、静かに話すことにしました。
私が母にお説教、という感じです。
ところが…

ウアン ウアン ウアン ウアン ウアン ウアン…
少し離れたイスに乗り、私に向かって文句を言うごま。

「カリカリ?」
と、すっとぼけてみましたが、明らかに抗議です。

ごまに気を取られている間に、母は部屋を出ていきました。
十分に言いたいことが言えず、モヤモヤしたままの私。
きっと、コワイ顔で押し黙っていたのでしょう。
はっと気づくと、ごまが私を見つめています。

ごまは私を咎めるように、そして心配そうに、
斜め下から私の目を凝視していました。
私がすっかり表情を変えるまで、ずっと。

ネコが、病気のときに寄り添ってくれるように見えたり、
悲しんでいるとき涙を舐めてくれたりするのは、
人間がネコに抱くファンタジーだと言われます。
実際は、単に暖かいところが好きなだけだったり、
珍しい現象に興味を持っているだけだと。

今回のごまの行動も、
ネコは大声を出されるのが嫌いだからと言う理由なら、

大声が嫌ならいつもみたいに引きこもっていればいいだろっ!
(別部屋の布団を収納しているところに引きこもり気味なので)
噛まれてからは大声出してないし!
と、言いたいです。

どう考えても、
私の行動を阻止しようとする意志があったとしか考えられません。
それは確信しています。
わからないのは、その行動の源です。

1. 弱きを助け強きを挫く義侠心から
2. 争い事が嫌いな平和主義の精神から
3. みんなを仲良くさせるリーダーの気持ちから

以上推測です。
真実は言語化しにくい部分にありそうです。
弱い者=仔ネコ、母ネコ気分ということなのかもしれません。

何にしても、ごまのこのような行動が、
面白いやら、頼もしいやら、うっとおしいやら、
ネコに怒られているようで情けないやら。
さらに腹も立っていて。

なんでいつも噛まれるの私よ!

関連記事
スポンサーサイト

Comments

>私の行動を阻止しようとする意志があったとしか考えられません。

群れを作るほ乳類は、攻撃的になった個体に圧力をかけようとする行動が一般に認められるそうです。
霊長類になると群れ第一位の個体(いわゆるボスザル)の仕事は、喧嘩の仲裁が大半だそうです。
ほ乳類の場合、行動にはそのエネルギーになる情動が伴いますから、「勝手に怒っているヤツは不快」くらいの気持ちはあるかもしれません。
以前の動物行動学は、動物心理を考えることは禁忌でしたが、最近はヒト以外の動物にも感情や動機を認める傾向になってきたようです。

猫はあまり群れを作る動物とは思われていませんが、一人で(雌猫一匹のみで)子育てすると、他の猫からの子殺しに遭い易いのに対し、雌がゆるい集団で子育てすると、子殺しを受けにくいという現象があるそうです。
近くにいる攻撃的な個体、興奮した個体に対し、それを咎める行動が触発されるのかもしれません。

>群れを作るほ乳類は、攻撃的になった個体に圧力をかけようとする行動が一般に認められるそうです。
初めて聞きました。
そりゃ、キレてヤヴァそうなヤツ(私?(^^;)放っておくわけにはいきませんものね。

>霊長類になると群れ第一位の個体(いわゆるボスザル)の仕事は、喧嘩の仲裁が大半だそうです。
ボス・・・ひょっとしてボスのつもりなのかな、ごま(どう考えてもNo.2だけど)

>「勝手に怒っているヤツは不快」
ネコからしたら勝手なのでしょうね。。

>以前の動物行動学は、動物心理を考えることは禁忌でしたが、
どうしてなんでしょうね。
ネコについては研究が’70年以来進んでいないと聞いたことがあります。

>最近はヒト以外の動物にも感情や動機を認める傾向になってきたようです。
ネコに感情はないと考える方が難しいですよね。

>近くにいる攻撃的な個体、興奮した個体に対し、それを咎める行動が触発されるのかもしれません。
集団生活をする上での知恵みたいなものですね。
ありがとうございました。
かなりわかってきました。(ような気がするだけかも(^^;)

☆ごまには、集団に属しているという意識がある。
☆集団生活にふさわしくない行動を阻止しようとする。→リーダーの自覚?→すると私の立場は…

今日、母と外出して帰宅すると、ごまが出迎えてくれました。
母にスリ〜スリ〜したのに、私にはそっけない態度でした_| ̄|○|||

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/43-2a21e16d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。