スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

匹という字 

一頭
110121nya2.jpg

一匹
110121nya1.jpg

一頭
110121goma1.jpg

一匹
1101tiiushiro.jpg

一頭
110118nya0.jpg

一匹
110121tii1.jpg

「一匹、二匹」と数える“匹”の字をじっと見てください。
お尻が見えてきませんか?

もともと、“匹”の文字は布をつまんだ形を表していたものが、
布二反分=2つ揃ったものとなり、
後ろ足二本でお尻がひとつの動物を、
一匹二匹と数えるようになったそうです。
(ちなみに昆虫の数え方は“頭”)

というわけで、牛や馬などの家畜を後ろから見ていて
発生したと思われる“匹”の数え方は、
後ろ姿(最後を除く)にこそふさわしいと思った次第です。

うんちくっぽいこと書いてみましたが、
何が言いたいかと言うと、
「後ろ足二本一組でお尻ひとつ」っていうのがいいね。
「尻ひとつで一匹、尻ふたつで二匹」だなんてすごくいい!
なぜだかわからないけど、とっても好き!(ハイ、変態)

これは一塊、あるいは一太極図。
110121nyatotii.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/438-fc65a421

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。