スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豆かん 

豆かんです。
110310mamekan1.jpg

京都で初めて食べて以来、時々食べたくなります。

みつ豆におまけ程度に入っていた豆(赤エンドウ豆)を
「これがもっとたくさんあったらいいのに」
と思っていたので、
豆が主役の豆かんなるものがあると知って嬉しかったです。

☆3.11日追記
(豆かんのあんこ乗せ…ってこれ「あんみつ」だわ!ズコー)


豆類はメール便で買いました。
送料安く少量だけ買えるのがいいですね。

赤エンドウ豆とあずきはひと晩水につけておき、
赤エンドウ豆は塩で、あずきは砂糖で煮ます。

赤エンドウ豆は枝豆をゆでる感じの塩加減でOKです。

あずきと砂糖は重さ1:1にしてみたところ、
甘さ控えめで豆の味が感じられるあんこができました。
でも、ちょっと豆くささがあるかな…
次回はもうちょっと砂糖の量を増やしてみよう。

今までゆで方に凝ってもみましたが、
出来上がりの味はあまり変わらないような…
圧力鍋は水加減が難しいし(あんこづくり)。
鍋でコトコト煮るのが一番です。

煮た豆は冷えると固くなるので、
十分やわらかくなるまで煮るのがコツ。

黒蜜は黒砂糖に水を加えて煮詰めてつくります。
好みで半分量を違う砂糖にしても。
黒蜜も長く保存できます。

棒寒天一本で、大体4人分ぐらいの豆かんがつくれます。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/457-9be65cdc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。