スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スルタンの象と少女 

120321dvd.jpg

「スルタンの象と少女」買いました。

ロワイヤル・ド・リュクスによるこのパフォーマンスは、
よくできた大きな人形が街を練り歩くだけではないのです。

ちゃんとストーリーがあって、
象と少女の登場以前から計算された仕掛けがあります。

巨大でリアルな動きをする人形を見ることで
物の大きさを認識している知覚が狂うんでしょうね。
そうなることで、
いつもの風景はドラマチックで新鮮なものになり、
よく見る人や動物も少し違って見えたりして、
ファンタジーに入りやすくなるんでしょう。

となると、本物が見たいなあ。

ガリバー旅行記のこびと役、やってみたい!


☆観た感想…癒し効果(催眠効果)抜群でした。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/522-a56a436c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。