スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さくらんぼのコンフィ2012 

「かぶる」のが宿命らしい、たまです。

新しい服を着て外出すれば同じ服の人に出会い、

本を買えば同じ本が家にあり、

庭に水を撒けば直後に雨が降り、

飲食店で注文しようとすると一秒先に誰かが「注文お願いしま~す」。

道でぶつかりそうになる人を避けようとして
反復横跳びのように何度も左右に頭を振る。

そんな人生を送っております。

そして今回、

さくらんぼを買った直後にさくらんぼが届いたわけですが、
こういう「かぶり」はノープロブレム!

ということでまた、コンフィをつくりました。

●○●○●○●○●○●○●○●○●

☆作り方は『バスクの砂糖壺』の中の「さくらんぼの丸ごとコンフィ&ジュレ」を参考にしています。

前回つくったコンフェは風味のある砂糖を使い、
かなり満足のいく出来上がりとなりました。

今回はアメリカンチェリーと国産チェリーのブレンドで、
砂糖も都合でグラニュー糖や三温糖などのブレンドになりました。
レモンも半量をポッカレモン使用。
リキュールはコアントローにしました。

↓つくり始め。軽く火を通しただけ。
120709cherry1.jpg

↓軽く火を通しては休ませる、を繰り返して3日目ぐらい。
120709cherry2.jpg

↓20分ちょっと煮詰めて保存。
120709cherry3.jpg

まだちょっとゆるかったかな。

今回も美味しくできました。
さくらんぼって味の特徴が薄いので、
風味のある砂糖やリキュールづかいが活きると思います。

トッピング用として少しずつ食べるか
ツインピークス風チェリーパイの具にするか悩むところ。

●○●○●○●○●○●○●○●○●


日数はかかりますが、
ちょっと加熱して置いておくだけ、
アクもほとんど出ないのでコンフィづくりは楽です。
さくらんぼの場合、コンフィとシロップ煮、
そのまま食べるなら断然コンフィの方が美味しい。
種取りもしなくていいのでおすすめです。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

服以外のかぶりは、ホントに「ある!ある!」でした!
注文お願いしま~すってのマジで一緒!
ついでにお勘定に立ち上がったら一足違いで先越される(^-^;;;

チェリーパイ食べた~~~い(>_<)

sakuraさんも同じタイプかあ(^^;)

>ついでにお勘定に立ち上がったら一足違いで先越される(^-^;;;

わはは。
私は誰かがお勘定に立ち上がったらそれに続く。
レジに立った経験上、会計はバラバラに来られると困るから(笑)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/528-6843b37b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。