スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エデンの東海 

ハマーンがメイク道具を手に「塗らせて」と迫るので、無抵抗主義宣言をして顔を明け渡し、タマシイを抜くこと数分。

最近の流行らしい「太マユ」「しっかりアイラインとマスカラ」「ヌーディでグロッシーな唇(羽虫が付きそう)」に仕上げられた顔は、これから舞踏会にでも行くんかい、というようなテイスト。
浮世離れした、いや、むしろ浮世絵。

(遠くから見ていいと思う絵は、近くで見てもよくわからないんだよね。モネの睡蓮みたいに… 遠目前提なら、連結させた長い筆でメイクするってのはどうだろう?)

なんてことをつらつら考えていましたが、時間も時間なので、妄想の国からイケメン王子を引っ張ってきて(上手く妄想できず狩野英孝が登場)、
「私はこれから台所に行かなくてはなりません。ダンスのお相手ができず、ごめんなさい」
と鏡の前から立ち去りました。

夕食メニューは天ぷら。
かき揚げ、エビ天に続き、最後はイモ天です。

コテコテの化粧とイモの天ぷらという不協和音で、気分は『エデンの東北』の八重子さん。
「イモ、揚げっぺな」とつぶやいてみました。

その後、塗りまくった顔のことを忘れていたため、洗面所で自分の顔を見てびっくり。
さらに洗顔後、メイク前に剃られたマユがあらわになり、その麻呂加減にもう一度ビックリ。(お歯黒にすると似合いそう)

女性(自分含む)は何かと楽しめます。

↓何かと懐かしい『エデンの東北』。
 八重子さんみたいなお母さん、多かったなあ。私の母もあんな感じでした。(こちらは東海地方ですが)

エデンの東北 (Volume1) (Bamboo comics)エデンの東北 (Volume1) (Bamboo comics)
(1991/12)
深谷 かほる

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト

Comments

>女性(自分含む)は何かと楽しめます。

私たちも、楽しませて欲しかった。

>私たちも、楽しませて欲しかった。

じゃあ、今度メイクしてあげます。

狩野英考って、男のわたしから見れば、あまり美しくないです。
ミッチーのよほどいいと思うな。

近くで見るとキツイのは、舞妓さんもそうですね。

>ミッチーのよほどいいと思うな。
そもそも同列では…(^^;
どちらも好きなんですけどね。

>近くで見るとキツイのは、舞妓さんもそうですね。
パンダとかペンギンとか可愛く見える動物も、間近で見ると怖いです。

>パンダとかペンギンとか可愛く見える動物も、間近で見ると怖いです。

チョウの幼虫はイモムシが多いですが、近くで見るとかわいいです。

うちの常識、世間の非常識:
娘「ねぇねぇ、イモムシが両手そろえて葉っぱ食べたり、お尻あげてポイってウンチするところってとってもカワイイヨね」
娘の友達「絶句」

エデンの東北は何故10巻以降が出版されないのか?
竹書房を小1時間問い詰めたいところです。
ウチの嫁は、最近深谷かほるのHPのキャラ弁を参考にしたりしとります。(笑)

>娘「ねぇねぇ、イモムシが両手そろえて葉っぱ食べたり、お尻あげてポイってウンチするところってとってもカワイイヨね」
>娘の友達「絶句」
ははは。娘さんとお友達のやり取りが見えるよう。
小さすぎる生き物には感情移入しないように気をつけているのですが、カワイイと思えるものはカワイイんですよね。

>エデンの東北は何故10巻以降が出版されないのか?
ありっ、そうなの?
わたしゃ雑誌で見ているので全然知らなかった。

>ウチの嫁は、最近深谷かほるのHPのキャラ弁を参考にしたりしとります。(笑)
ミイラ男とか?(笑)あれ好き。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/71-9892cd45

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。