スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

食べる贅沢 

贅沢の中でも「食べる贅沢」が一番贅沢のような気がします。
だって、食べたらなくなっちゃうんだもんね。

そう考えると、今日はどえりゃあ贅沢をしてまったがね!

なんと!

名古屋の!

デパ地下で!

貝新の!

いちげき

もとい

貝新の御茶漬け用時雨はまぐりを150g買いました。

代金しめて1890円(税込)!

・・・・・・・・・・・・・

おっ、驚いたかい?(ぜぇぜぇ)
たかが御茶漬けですよ?
150gって小鉢にひと盛り程度ですよ?
はまぐりって貝ですよ?(知ってるか)

くぅぅぅ…ウマイッ!(ザブザブ)

関連記事
スポンサーサイト

Comments

>だって、食べたらなくなっちゃうんだもんね。

まさに”真言”です。

>はまぐりって貝ですよ?(知ってるか)

”その手は桑名の焼きハマグリ”程度に知っています。

お近くの渥美半島・伊良古岬には名物”おおあさり”を焼いて食べさせてくれますね。
売り子のオバチャンたちは、放送禁止用語で呼び込みしてますが。
ご婦人のブログで失礼しました。
  • [2008/05/14 20:55]
  • URL |
  • 骨董ブラザーズ弟
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>”その手は桑名の焼きハマグリ”程度に知っています。
えっ?ハマグリって普通、その程度の認知度なのかな?
有名なのは東海地方だけ???
大アサリより焼きハマグリの方が好きです。しょうゆだけでOK

>売り子のオバチャンたちは、放送禁止用語で呼び込みしてますが。
マジ、わかんねえす。
「万古(ばんこ)焼き」みたいな?

GWに潮干狩りに行った友人よりアサリを頂いたんで佃煮にしてみました。
ちびちびと酒の肴にしてつついてます。ウマー

jodんとこ、変わったですね。オサレだ。

>GWに潮干狩りに行った友人よりアサリを頂いたんで佃煮にしてみました。

イイナイイナ。佃煮イイナ〜
オリーブオイル・ニンニク・タカノツメで炒めたやつもオススメよ。(塩入れなくてちょうどイイ)

ハマグリ(ニホンハマグリ)って絶滅危惧種なんですよ。
いま、流通しているハマグリはシナハマグリです。
ニホンハマグリは九州など一部に少数残っているだけで、東日本は全滅、東海地方もそれに近い状況です。
護岸工事、埋め立てや乱獲で減ったところに、日本には本来分布していないシナハマグリを放流されたため、ニホンハマグリは消えていったようです。

なお、ハマグリとシナハマグリは内湾性ハマグリで、チョウセンハマグリは外洋性ハマグリで、こちらは在来種です。
このチョウセンハマグリも減ってきているようです。

ちなみに昔は、白の碁石をハマグリの貝殻をくりぬいて作ったそうですが、それほどの貝の厚み(大きさ)を持つハマグリがいたんですね。

へえぇ~
ハマグリが絶滅危惧種だなんてビックリ。
それに碁石が出来るほどの厚みがあったなんて
想像が出来ません。
  • [2008/05/15 21:55]
  • URL |
  • 骨董ブラザーズ弟
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

>ニホンハマグリは九州など一部に少数残っているだけで、
そうなんですか。九州から持ってきて養殖して…ハマグリ三年牡蠣八年ってワケにはいかないでしょうかね。

>護岸工事、埋め立てや乱獲で減ったところに、日本には本来分布していないシナハマグリを放流されたため、ニホンハマグリは消えていったようです。
美味しいものもたくさん増えた反面、減るものもありで…しょうがないと言えばそうですが。

>それに碁石が出来るほどの厚みがあったなんて
想像が出来ません。
うんうん。
厚い殻の中で育つ貝肉はどんな味がするのかなあ。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/77-689c1e39

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。