スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言い間違えたのでござるよ 

接客業を経験したことのある方、
とっさに舌がもつれて、
変なことを口走ってしまった経験はありませんか?

まず、レジなどで、
「お持ち帰りでござるか?」
「合計、980円になりますな」
などと言ってしまうような『武士型』言い間違い。

比較的多いように思います。
私も経験しました。
電話の応対で「はい、私○○と申す!」と、
元気良く名乗ったこともあります。

どうして普段使わない言葉が出てくるのでしょうね。

ある、ある、ある、と頷いている方々、
江戸っ子になってしまう『江戸っ子型』はご存じでしょうか?

「へい!いらっしゃいませ」
(「はい」がもつれて「へい」になったもよう)
…お前は一心太助か?

「この商品は○○がポイントとなってるでごぜえますだ」
…話している相手はお代官様か?


最後に、言い間違い『自由形』。
昔、和食店でバイトしていたときのこと。

厨房から
「そろそろメシやでな!(ランチタイム開始)」と声がかかり、
同時に2人連れの男性客が入店しました。

とっさに、私の頭の中でふたつの言葉が絡み合い、出た言葉は…

「いらっしゃメシー!」

しまった!と思い、言い直すつもりでさらに、
「おメシでござりまするか?」
とたたみかけてしまいました。

しかし。
男性客たちはそんな言い間違いにはひるまず、
「オウ!メシやメシ。メシくわせ」
と、席に向かっていきました。

ほっとして背後の気配に振り返ると、
腹を抱えてのたうち回るバイトたちの姿が。

どうして人は、他人の失敗をこうも笑えるのかと思った一件です。

関連記事
スポンサーサイト

Comments

あと、「麻呂」とか「急性幼児返り」とか・・・

子供の頃から母は腹痛のことを”おなかいた”と呼んでいました。
高校のとき級友が休んで担任が出欠で”○×はどうしたぁ?”と聞いたので
”おなかいたです”と答えたら爆笑と言うより嘲笑でした・・・
  • [2008/05/19 22:25]
  • URL |
  • 骨董ブラザーズ弟
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

おかわり

受付の子から、
「お客様からお電話です」
と言われ、内線を取ったとき、
「はい。お電話おかわりしました!」
と言い切りました。
で、すかさず言い直してみたら、
「あ、すみません。おかわり・・・あれ?」
呪縛から逃れたのは3回目の言い直しでした。

>あと、「麻呂」とか「急性幼児返り」とか・・・
麻呂語のイメージは関西弁…はっ、あの人か(^^;
「でちゅ」「なんでしゅか?」は、かなり恥ずかしいよね。

>”おなかいたです”と答えたら爆笑と言うより嘲笑でした・・・
わははは。
高校生で「おなかいた」ははずかちいでちゅね/☆(・_。)
担任に「おかあさん!」と言ったこともあると見た。

eiちゃんおひさぶり〜
>「はい。お電話おかわりしました!」
電話を切るときは「ごちそうさま!」かな/☆(・_。)

>呪縛から逃れたのは3回目の言い直しでした。
おかわり3杯ってよほど電話が好物/☆(・_。)
焦るほどドツボにはまる法則だよね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/79-120d80fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。