スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのニャア『9』〜『14』 

titlelogo01.jpg

『9.お外はイヤ』
hajimete009.gif

最初、 ニャアは夜だけ家に入れることにしていました。
飼っていたインコは手乗りで、人の肩に乗ったり自由に部屋を飛び回ったりしていたので、猫と同居するわけにはいきませんでした。

田舎で周囲は山や畑という環境なので、猫的には自由を満喫できていいじゃないかと思えそうですが…ニャアは家から出されるのを嫌がり、外に出そうとすると必死で抵抗しました。

お腹が空いたり、寒い思いをしたり、可愛がってくれる人がいない生活はもうコリゴリだったのでしょう。
「暖かい部屋と食べ物と撫でてくれる手は、これからもずっと私の側にあるの?」
そう思っていたに違いありません。

『10.行かないで』
hajimete010.gif

その後、室内飼いに切り替えたのですが、ニャアは家の中にいても独りにされるのを嫌がりました。

買い物に出かけただけで不安そうにニャアニャア。
トイレやお風呂で家人の姿が見えないだけでも、ニャアニャア鳴きながら後を追って来るのです。
その度に「ここにいるよ、どこにも行かないよ」となぐさめるのでした。

『11.何でも食べます』
hajimete011.gif

来てしばらくの間、ものすごく食い意地を見せました。
キャットフードだけでは飽きたらず、食べられそうなものは何でも食べたがり、台所に立つと「何かくれ!」とおねだり。
そして、食べ過ぎては吐き、また食べて…

ノラ時代の食い溜めの習性が残っていたのか、はたまた成長期で食べ盛りだったのか。

ある夜、台所で「ピチャッ、ピチャッ」と音がするので何かと思ったら、天ぷら油を舐める猫の姿が!
「ぎゃーーー!化け猫!!」
…その後、15センチほどの棒状の毛玉を吐き出しました。

『12.動物病院へ行く』
hajimete012.gif

体に色々と不安要素を抱えているニャア。
レントゲン撮影でわかったのですが、通常より心臓がひとまわり小さく、肺に病気がある可能性も高いです。

幸い、今は病院に通うこともなく元気にしているのが何よりです。

『13.ニャアちゃんはね』
hajimete013.gif

ニャアはやさしい猫です。
家族の誰かが弱っていると、いつの間にかなぐさめるように側にいます。
偶然かもしれませんし、弱ってくたばった後は食べるつもりなのかもしれませんが…

でも、これは言えると思います。
「ノラを経験した猫はイイ猫(ヤツ)が多い」

『14.大事にします』
hajimete014.gif

猫と一緒に眠るというのは、なんと贅沢なことでしょうか。
寒いときにぽかぽかの体をくっつけてもらうと何とも言えない幸せな気持ちがこみ上げてきます。

小さな寝息は信頼の証。
チクチクしたヒゲが頬に当たったり、鼻に毛が入ってもぞもぞしたり、ザラザラの舌が痛かったりするときは、「あなたと私は違う生き物なんだ」と感じ、それも楽しく思います。

hidari.gifshiro.gifmodoru.gifshiro.gifmigi.gif
関連記事
スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/89-6f1bb5fb

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。