スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花を摘む人 

今年の春。

一緒に歩く駅までの道のり、「春だね〜♪」と嬉しそうな彼女。
花を摘み「いい匂い」と言った彼女。

これがカップルなら、「彼女」は可愛い人ってことになるんでしょうか。
「彼女」が実母の場合は?

どのみち、わたしゃ許さねえ。
勝手に花摘んでんじゃねえ。

「ウチの土地以外の花は取っちゃだめ」と言っているのに、「草花じゃないの」と母。

タンポポならまだしも、水仙って草花ですかね。
たとえそうだとしても、近隣トラブルが起きてからでは遅いので、何度でも言いきかせます。

「あなたがそう思っても、人はそうは思わないかもしれないよ。もう、花を摘んじゃダメ」
「ウチの田舎じゃそんな事は言われなかった」

天国の婆ちゃん!このダダッコどうしたらいいんですか。

「ここはあなたの田舎じゃないから、ダメなものはダメ」

そう言って納得させたはずの日からわずか数日後。
どこかに出かけて帰ってきた母、椿の枝を持っている…

「何それ」と聞くと、
「公園の。人の土地じゃないからいいよね」

コラア!
面白くないトンチやってんじゃねえ。
(育ちが悪いので怒りを感じると言葉遣いが悪くなりますが、実際にはこういう言い方はしてません)

「ダメに決まっているでしょう!
花でも木でも、どこに咲いていようが、勝手に摘んだり折ったりしてきちゃダメ!」

最初は優しく言ってきかせている私ですが、結局は強く言う羽目になります。

花を摘むというのは一例で、とにかく自由な人なのです。
思ったことは全部口にします。
フィルター機能ゼロで。

テレビでマラソン中継を見ていたときです。

母「マラソンだよ」
私「そうだね」
母「すごく早いペースで走ってるね?」
私「そうだね」
母「この人たちは選び抜かれた足の速い人たちなんだね?」
私「そうなんだろうね」(知らんがな)

(ピーという音が聞こえてきて)
母「あっ、何か音がするね?」
私「うん」
母「何の音なの?」
私「知らない」
母「何で音がするの?」
私「…知らないってば」(なぜ聞く)

(書いていて、犬のコピペを思い出した私はヒドイ娘なんだろうか)

色々書いておいて何ですが、見たまま、感じたままを伝えようとするのはパッションのほとばしりであり、幼児のような純粋さの表れでもあります。
天真爛漫とはまさに母のこと。

すぐにイラッとする自分を反省し、たまには親孝行せねばと母を誘って「焼き物の町」に出かけました。
古い窯元の伝統ある窯を見学したり、お皿や茶碗を選んだり、窯で焼いたピザを食べたり…
ああ、楽しかったとおみやげの思い出話をしていると、「でも私、焼き物興味ないの」と母。

ブチッ…(毛細血管の切れる音)
言わなくていいことは、言わなくてよろしい。

これが原因ではありませんが、先日また口げんかに発展してしまいました。
(と言ってもネコに怒られない程度にですが ※過去記事参照

ほとぼりが冷めて、「ちょっと強く言いすぎたかな」と思い、母の様子を見にそっと部屋のドアを開けると…
「あはっ♡」と裸の胸元を隠す母(69歳)の姿が。

「ちょっとファッションショーしてたの」
「…へえ…」

変に落ち込まれているよりはマシだけど、まったく意に介されていないってのはどうよ?

「で、このブラジャーなんだけど(注:私のです)、着け心地がいいからちょうだい」
「…いいよ」(そんなに気に入ったのなら)

「私のしてたのあげるから。あんたコレ着けたらいいじゃない」(古い、しかもオババ仕様の自分のブラを手渡す)
ブチッ…

いらねーよッ!!!!!!(ミサイル発射)

関連記事
スポンサーサイト

Comments

私にも昨日おなじことが・・・(-_-;
親孝行のつもりだったのに、ついイライラしてキツい言葉のミサイルぶっ放してました(-_-;

>私にも昨日おなじことが・・・(-_-;
うむっ。(-_-;

親が、変にひねた年寄りでないところがお互い救いだね。
自分がなる可能性は高いけど…(^^;

子供のようなお母様ですね

たまさんがお母さんのような
気持になるんじゃないですか?

ブチっとなるのはわかる気がします



>たまさんがお母さんのような
気持になるんじゃないですか?

そうなっちゃいますね、どうしても。
向こうはまだ親目線が多いですが。

ちぃたろまーさんの和訳っぽい文章とちぃちゃんの気の抜けた感じの写真との組合せが面白かったです。

いまごろのコメントでごめん。

”花泥棒は罪にならない”とよく言われたものですが、
そう言うわけにもいきませんね。
でも母上様の行いくらいはお天道様も許してくれそうです。

わたしは年寄り子だったので、父母と友だち口調とかで
話したことが無くて、少しうらやましいです。

>でも母上様の行いくらいはお天道様も許してくれそうです。
そうだといいんだけど。
昔に比べ、世の中も自分も心が狭くなったようで嫌だなと思うことがあります。

>わたしは年寄り子だったので、
それでRYU氏の口調は丁寧なんですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://tamaslife.blog42.fc2.com/tb.php/92-a47f4fbd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。